« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の14件の記事

2006年11月28日 (火)

若冲「果蔬涅槃図」 京博常設展

11月に行った展覧会で、まだアップできていないものの一つ。
京博の11月常設展
秋の京都にちなんで「特集陳列 紅葉をめでる」を行っていた。
屏風(「紅葉図屏風」山口雪渓)、絵巻(「法然上人絵伝第十四巻」)、軸(「春秋瀑布図」円山応挙)、古鏡(「松風双鶴鏡」)など、紅葉を題材としたものが展示されていた。
目についたのは、「紅葉図屏風」。通常紅葉は、1〜2本位が描かれていることが多いが、この屏風には全面に紅葉の木が何本も描かれており、今まで見た事の無い紅葉の構成となっていた。
金箔押地にちりばめられた紅葉が、錦秋のあでやかさをよくあらわしていた。

Yasai今月の常設展も、お目当ては「若冲」「蕭白」「芦雪」の江戸エキセントリック。
これは若冲の「果蔬涅槃図」。

大根を釈迦にみたてた涅槃図である。蕪や豆、茄子、南京等の野菜が嘆き悲しむ羅漢や動物にみたてられている。
通常の涅槃図と同様に、沙羅双樹にみたてられたトウモロコシに、薬袋みたいなものがかかっている。

八百屋の主人であった若冲にとって、野菜は最もみなれたものである。
その野菜での「涅槃図」は若冲にとって親しみやすい絵であったと思う。

大根も蕪も小芋もみんな愛らしく、じっと見ているとなんだか人間や、小禽に見えて来る。
さすが、若冲!

しかし一説によると、この絵は単なる戯画ではなく、禅宗の「大根は仏をイメージするものである」とする教えを示すものであるとも言われている。

その他、若冲では「燕子花小禽図」が展示されていた。

簫白は「真浄寺障壁画(4面)」「蘭亭曲水図」「山水図」。
人物画等とは異なり、毒々しさは見られないが、山の形、松の幹などに簫白固有の勢いが有り面白かった。

芦雪は「牧童笛吹図」。これは牛に乗り笛を吹く童を描いたものであるが、「指頭図」といい、指先や手のひらで描く方法をとっている。
牛の顔、牧童の髪の毛らに独特のタッチが残り珍しいものである。
しかし、芦雪の絵には引き付けられるなぁ!

季節に会った名品をさりげなく展示する京博常設展。
これからも毎月通う事になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

紅葉狩り

朝晩冷え込むようになり、京都の街中では今週位からが紅葉の見頃。

Img_9018天気はもう一つだが、東山の方へ「紅葉狩り」へ。
八坂神社から清水へ行こうとするが、観光客で一杯。
まるっきり人のいない所で「紅葉狩り」も寂しいが、芋の子を洗う様な人混みの中ではしんどい。
東福寺もいっぱいだろうし、ちょっと手前の「今熊野の観音さん」へ向かう。
泉涌寺の参道を手前で折れ、今熊野観音寺の参道へ入ると周りの木々がパァーットと色ずく。
橋を渡ると観音寺は紅葉に囲まれている。
今熊野観音寺は泉涌寺の塔頭の一つで、西国三十三カ所の札所。
平安時代末期、後白河法皇が頭痛平癒を祈願し治ったことより、中風やボケ封事の霊験豊かな観音さんとして有名だ。
また、東山の谷あいにあり、隠れた紅葉の名所でもある。

Img_9023寺内の茶屋から眺めると、ちょうど紅葉が目の前に広がる。
緑、黄色、赤と錦秋のながめのなかで、「おはぎ」を食べる。

薄い黄色から、茶色っぽい黄色まで、朱色に近い赤から黒っぽい紅まで、一本々が異なった色で織りなしている。見事な景色である。自然の美しさに圧倒される。

そんなに広いお寺ではないが、小一時間程、お参りをしたり、散策をして「紅葉狩り」を楽しむ。
ボケ封事の観音さんにも、しっかりと「願」をかける!

お昼も近づき、お腹もへってきたので、八坂さんの方へ戻る。途中の東大路は観光バスで渋滞気味。

Img_9051やっと、八坂神社に着き、石段下の「いづ重」でお昼にする。
「鯖寿司」もいろいろあるが、食べ慣れているせいかここの鯖寿司が口に合う。
鯖の酢加減や大きさや等ももちろんだが、この店の雰囲気が鯖寿司を食べるのに似合っている。
入口の火鉢に、夏でも鉄瓶にお湯がわいている。この光景が懐かしい。

鯖寿司といなりと鱧の押寿司。きれいな紅葉がのせてある。

店を出るととうとう雨が降って来た。この細かい雨で、紅葉もさらに奇麗に洗われるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

イルミネーション

昼間の紅葉のあでやかさから、夜はイルミネーションの輝きが目に付く季節になってきた。

Img_8972京都では、五条春日通付近でロームが行うイルミネーションが規模が大きく有名だが、最近は小規模ではあるが、いろんな所で行われるようになった。

これは、東洞院御池の「ミツハシスポーツ」前の並木に飾られているイルミネーション。
三本位しかないが、赤と青と白の三色でシンプルながら、なかなか良くめだっている。

ここから、少し西に行った烏丸御池の交差点でもニチコンビルの前の街路樹が同じ様に飾られている。
しかし、烏丸御池は青と白。

赤が一色増えるだけで、ずいぶん雰囲気が変わる。烏丸御池は清楚な感じがするが、東洞院御池は少し艶かしい。

Img_8984これは、「新風館」。

中庭のステージを中心として、光の線が四方八方へ張られている。そんなに大きな空間ではないが、通路で囲まれた閉鎖的な環境を上手く利用して、光の密度が濃い空間を作っている。

まだ、訪れる人も少なく、静かな雰囲気のなか、三階の通路から眺めているのはなかなか楽しい。時折吹き抜ける冷たい風に、ゆらゆらと小さい光が揺れる様は気持ちが和む。

これがまた、ステージでライブなんかを演りだしたら雰囲気がごろっと変わるだろうが、今の雰囲気が好きだ。

神戸のルミナリエ、東京丸の内のルミナリエ、その他TDLのエレクトリックパレード等有名なイルミネーションを見て来た。各地のイルミネーションは光が点滅し、光に動きがあるものが多かったと思う。
それに比べ、京都のイルミネーションは静かに輝いているだけのものが多い。規模が小さいからと言えばそうかもしれないが、それはそれで京都に似合っていると思う。京都のイルミネーションは語感としては「電飾」という言葉のイメージに近い思える。

夏の花火、冬のイルミネーション、同じ光の楽しみだが、片方は消える事に美しさを求め、もう一方は輝く事に美しさを求める。
冬の寒さには、イルミネーションがよく似合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

落ちた!!!

月曜位から運が悪くなってきている。
じたばたしても仕方が無いだろうと思い、じっと時が過ぎるのを待つ事にした。
そうして、昨晩も早くから寝た。
ところが、ついてないということはこんなものだ。

Img_6836朝方ベットから落ちた!!!

長い間ベットで寝ているが、落ちたのは10年ぶり位。

落ちる前の夢はまるっきり記憶に残っていないが、落ちる間の夢は、はっきりと覚えている。

記憶は突然、空に浮かんでる事から始まる。
しかし、落ちているのか、飛んでいるのかわからない。
春の様な暖かい空気が流れていく。
まわりは白っぽい靄につつまれた感じ。
しばらく、その状態が続き、
突然、自分が落下していることに気付く。
あ〜ぁ、落ちていく。当たる空気の流れのきつい。
何かにしがみつこうとする。

そこで落下。床に激突!!!

50cm位のベットから落ちたんだから、せいぜいかかっても1秒。
その間に、こんなけ夢を見たのだろうか。

床の上で、ちょっとの間、「落ちる夢」の怖さに大きく息を吐く。
「落ちたのがベットで良かった。」
幸い、布団と一緒の落ちたものだから体もどこも痛くない。
もう一度、ベットに戻り寝直す。

朝起きて、もう一度昨晩の夢を反芻する。
あれは、何の夢だったのだろう。正夢か?わからない!

もうちょっと運の悪さは続きそう。もうしばらくおとなしくしていよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

あぁ〜、運が悪なって来た。

今日は朝からついてない。
まず、起きがけに階段を踏み外す。こけまいと踏ん張って腰をひねる。
しばらく、居間のソファーで腰をさすりながら、様子をうかがう。なんとか会社にはいけそう。

Img_8933次は、通勤途上。
改札を出ようとして定期券を間違う。
「コノ定期ハ、ツカエマセン!」とつれなく電子音声に申し渡される。
これは、ちょっとカッコ悪い。後ろに並んでいる方々は「あ〜ぁ、どんくさ!!」と思いながら、隣の列へ並び替わっていく。半分「くっそ!」、半分「すいまへんなぁ〜」と思いながら、あわてて正しい定期券を入れてだまって抜けていく。
とどめは会社、夕方パソコンの電源が落ちる。どうも足で電源スィッチを押してしまったらしい。
いつもは、カバーが被さっているのに、そのカバーが何故か落ちている。足がさわったみたい。
腰が痛かったので、変な座り方をしてたため、やってしまったらしい。
書類の回覧も、決裁も、作成中の書類もすべてパー!!!!
幸いな事に、午前中で一度セーブをしといたので、被害は午後のみ。
急ぐものが無かったか思い出して、それだけを再度やりなおすことにする。

ついてない!! いつからついていないのかなぁ?
今までの経験から、大体ついてないときは2〜3日続く。
年をとるに連れてそれが長く続くようにおもえる。(運もすりへってきてるのか!!)

え〜っと思い出すに・・・
土曜日は、知り合いの漆工芸の作家さんと、夕方から日が変わる頃まで色んな話(仕事の話や、陶器の話や、骨董の話等)をして、おもしろかったし。
日曜日は、おとなしくしていたし。

そうすると今日からか。こりゃ2〜3日は気をつけなければ。

占い等は信じないが、ちょっとした運の波動と言うか、上下みたいなサイクルはあると感じる。

悪なってきたなぁ・・・。ちょっとおとなししとこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

「京焼 みやこの意匠と技」展

ずっと以前から、「京焼」の持つはんなりした美しさが好きだ。
しかし、京都に居ても見られそうでなかなか見られないのが「京焼」。

Imgkyoyaki「仁清」にしろ、「乾山」にしろ、たいていよその土地の美術館なり博物館の所蔵品になっている。これを追いかけて、いろんな美術館へ遠征した。
また、京都にあってもお寺の寺宝や個人の収蔵となっているものが多く、まとまってみられることは少ない。

しかし、「やきもの」のような立体は、実物を見なくてはその本当の美しさはわからない。写真等で見て、ちょっと好みでないなぁと思っていても、実物を見ると雰囲気がまるで違うものとなることがよくある。
だから、京博が長い間暖めていた今回の展覧会には、大きな期待を抱いている。
行ってみて、その期待が裏切られていない事に大満足。
私の中では、この秋のベストな展覧会ではないかと思う。

今回の展覧会は、歴代の名品と、京都の街中から発掘された陶片等を織り交ぜて展示し、京焼の歴史とその美の全容を示す。

しかし、よく、こんなに集まったなぁと感心する。

伊万里、瀬戸、信楽等と異なり、当時の時代の中心の一つであった京都で作られた「京焼」は、自ずからその時代の美意識を敏感に捉え、流行を追う事を求められる環境にあった。また、お寺や茶人等の消費者が側にいたため、その要求に答えて行かなければならなかった。
そのような点で、「京焼」は他の産地とは異なる、変遷をたどって来たことがよくわかる。

そんななかから、気にいったものをいくつかあげると・・・・

続きを読む "「京焼 みやこの意匠と技」展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

「お火焚祭」

京都では、11月頃から12月にかけて、五穀豊饒を神に感謝し、家内安全を祈念する『お火焚祭』が行われる。
この祭りは、古来には、春に五穀の豊作を願い、山から降りて来ていただいた神に、収穫された作物を捧げ、神楽で饗応し、山へ送る神事であった。
その後仏教等の影響も加わり、神前で護摩を焚いて家内安全を願う形となり、京都では、江戸時代に庶民に広がり、初冬の風物誌となった。

Img_8884その神事が町内のお稲荷さんで行われるので参列してきた。
これは「お火焚串」。これには各人の名前と願い事が書き入れられている。これを奥にある注連縄に囲まれた火床に投げ入れ、願いを届ける。
始めに、禰宜さんによる、祝詞の奏上があり、次に雅楽の奏上と巫女の舞が行われる。
小さい神社ながら、二人の雅楽師と一人の巫女さんが実演。笙(しょう)篳篥(ひちりき)の音にすがすがしい気持ちになる。(さすが太鼓は人が足らず、神社の方がたたいてた。)

Img_8899いよいよ、お火焚。火床に神火(大きな神社では、錐揉みで火を熾すそうだが、ここはどうかなぁ?)を移し、お火焚串を投げ入れる。
氏子の人々等が持ち寄ったお火焚串が、どんどん投げ入れられる。
瞬く間に炎が立ち上がり、まわりの人々の背を越えた高さまで上る。
ときたま、神社の社殿の屋根近くまで上がっていく。

みんなの願いが、炎となって、天へ上がっていく。
炎に照らされて顔が熱い。

約千本近くのお火焚串を30分位かけて焚き、終わり近く炎が小さくなった所へ、蜜柑を投げ入れる。
この焼いた蜜柑を食べると、今年の冬風邪をひかない、また痛風が痛まないとされている。(もちろん私の場合はまだ前者の効能)
Img_8921火が消えるとお火焚神事も終了。

みなさん、宝珠の焼き印のはいったお火焚饅頭と柚おこしと焼き蜜柑をお下がりとしてもらい「さぶなりましたなぁ〜」と言いながら家に帰る。

神社の中での2時間弱程の時間、鎮守の森に囲まれ、祝詞と雅楽を聞き、炎に照らされる。すがすがしい気分。

ず〜っと昔から、先祖の人達もこうやってきたんだなぁ・・・。

家に帰ると、町内のお風呂屋さんでも「お火焚」を行ったそうで、またお下がりが届いていた。
火を使う風呂屋さんや染屋さんなんかは、個人の家でする。ここには行者さんが来て神事をする。

夜は夜で、祗園さんの関係のお火焚に行く。これは神事よりも、その後の料亭での宴会が中心。

そんなかんじで、お火焚きの連チャンをやってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

「応挙と芦雪」展で感動した!

奈良県立美術館で開かれている、「応挙と芦雪」展へ行って来た。

Imgrosetupこの展覧会の副題が「天才と奇才の師弟」とある。18世紀に京都で円山派をうちたてその後の日本画壇に大きな影響をあたえた円山応挙とその弟子長沢蘆雪。その二人の画業をあまねく示す示す好企画な展覧会である。

特に、芦雪に関しては、その代表作がほぼ集まり、いままで見られなかった作品も多く展示されている。

プライス展で芦雪の面白さを知った人にとっては、見逃せない展覧会である。

会場は、「人物」「花鳥」「山水」の3部構成で、応挙と芦雪のその画風の違い、似通った点がわかりやすく展示されている。

続きを読む "「応挙と芦雪」展で感動した!"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年11月 9日 (木)

「正倉院」展でフラフラに

この前の連休、奈良へ「正倉院展」を見に行って来た。

Img_8881朝、9時30分(開館時間)に奈良国立博物館へ着いたが、その時点ですでに2時間待ち。
夕方の4時過ぎでも1時間待ち。
しかたが無いので、並ぶ!。並んでいる間にもらったパンフレットに「日本最古、美のテーマパークかもしれない。」とのコピーがあったが、なるほど行列はTDLさながら。
館内に入れば、ここも満員。尚、悪い事に、警備員が「空いた所から見てください!」と言うものだから、みなさんバラバラの方向へ歩き回る。人とぶつかる事!ぶつかる事!!まるでバーゲン会場!!!
今回、そんなに名の通った物も出品されてないのに、なんでこんなに人が集まるのかなぁ??(やはり協力は読売新聞社)
それにもメゲズ・・・・しつこく見て来た。

続きを読む "「正倉院」展でフラフラに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

夜の散歩

昨日のブログに暑いと書いたら、そのせいか知らないが、一転して今日は今年初めての木枯らしが吹き、寒い一日となった。

話は替わるが、今話題のメタボリックシンドロームの3つの要素(高血圧・糖尿病・高脂血症)のうち、2つにひっかかり気味なので、会社から早く帰った夜は9時頃から散歩に行っている。

散歩といっても、昼間のようにキョロキョロして歩くんではなく、まぁ一般に言われるウォーキングのまねごとみたいに出来るだけ、真っすぐ前を向きサッサと歩いている。

家を出て、六角を東に向かう。堀川を渡り、どんどん東へ向かう。ここで新町の坂に会う。西洞院から新町までの100m程の間が急いで歩いてると結構きつい坂となる。三条や蛸薬師と比べても六角が一番きつい。

烏丸までたどり着くと、調子がよければ御幸町位までそのまま進み御池へ上がる。悪ければそのまま御池へ上がる。御池へ出ると、あとは帰り道。回りの様子を見る余裕が出て来る。

Img_8690これは御池柳馬場西南角の朝日新聞ビルにある「TOYO KITCHEN」のディスプレイ。

御池通側をガラス窓にし、全面がショウルームとなっている。
特に、夜間を意識している様子で、ライティングが奇麗になされ、立体感がよくでている。
キッチンのステンレスがキラキラと輝き、なかなかうつくしい。
夜のショウウィンドウとしてはよく出来ている。

しかし、我が家にはこのキッチンは似合わない!

Img_8688これは、烏丸御池の北東角にある「ニチコンビル」

このビルの夜景は気に入っている。

透過性のあるブラインドの裏側(ビル内)からライトを当てて、壁面が柔らかい光で浮かび上がる様な感じである。
ここ5年程前から、このようなビルが流行っている。
東京では銀座や青山通りのブランドのビルがこの様な表情をしている。
京都では、四条烏丸の「ココンビル」、大丸前の「ルイ ヴィトン」、高島屋も一部このような表情となっている。
以前流行ったミラーガラスのような壁面から、ちょっと優しくなった雰囲気がある。

こんな感じでモクモクと、約3〜4㎞を30分〜40分位で歩いて来る。
これで、メタボリックシンドロームから逃れられるかなぁ????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

狂い咲き

11月になり、朝は肌寒いが、日中は暖かいというよりも暑い気候が続いている。そのせいか知らないが、街を散歩していて、季節外れの花が咲いているのを見かける。

Img_8842これは「朝顔」。

新町御池辺りの北側の歩道にある花壇に咲いている。
青色の大きな花がきれいに咲いている。それも一輪二輪ではなく幾つも咲いている。
はじめこの朝顔を見た時は、「きれいな色の花が咲いてるなぁ・・」と思い、「何の花かな?」と近づいていった。
そこでびっくり!

アッ・・、アッ・・朝顔ではないか!! 

9月頃の朝顔は今まで見たことがあったが、11月の朝顔は初めてだ。
それに、秋の空の様な奇麗な青色。おもわず、携帯のカメラを構えてしまった。

それ以後、目を配っていると、時々朝顔が咲いているのを見かける。

Img_8870これは「桜」。

堀川寺の内を西にはいった表千家の辺りで、ふと上を見上げると桜が咲いていた。
さすが、表千家さんやなぁ・・いつでも桜が咲いている。(何の関係や?)

寒桜にはちょっと早いし、夕暮れの中じっくり見ると普通の桜みたい。(といいながら寒桜と普通の桜の違いはわかってない)

この陽気にちょっと狂ったのかなぁ・・。ちょっと寂しげに淡く咲いている。
来年の春にもう一度咲くのかなぁ?

地球温暖化のせいで、確かにこの頃の気候は少しおかしいと実感する。
自然が狂えば、人も必ず狂う。今までは、人が狂っても、自然はなんとか正常を保っていた。
そろそろ、その限界値を越える時期が近づいて来たのかも知れない。

狂い咲きのこの花々、美しさの中に潜む不気味さをその中に含ませている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その3

今回は、江戸琳派を中心に。

Imghuiti_1酒井抱一「十二か月花鳥図」(右図九月、左図十月)

酒井抱一は18世紀の中頃、大名の酒井家の次男として生まれ、後に出家し、狩野派、浮世絵等を習い、その後、光琳の画風に魅せられそれを踏襲し、江戸琳派を始めた画家である。

今回のプライス展では、この十二幅を陽の光の中で見られように、1階に別の展示場を設け南側のガラス窓から入る陽の光を障子を通して受けながら鑑賞できるようにされている。
午前中は東から差し込む光で作品にダイレクトに光があたり、色調がはっきりと浮かび上がる。
夕方に近くなると、一度反対側の壁に当たり反射してきた少し淡い日の光の中で見る事になる。
特に4時を過ぎると秋の陽は刻々と変わり、床の間風にしつらえてある壁の聚落が段々暗くなり、絵が浮き出したようになり、また絵にもうっすらと陰がかかりだし、今までの展覧会とは違った雰囲気のなかで見られた。
この様な展示方法はプライスさんの指定であったと聞くが、感謝!感謝!

九月と十月には、抱一の特徴がよく出ている。九月の菊は無駄なものを一切排除し、菊が半円を描くように絵の中を横切っている。構図の見事さと白と赤の花の対比が見事である。十月には「たらし込み」の手法で描かれた柿の木が九月と対峙するかのように、反対に向く半円として描かれ、柿の実の赤が印象的である。十二か月花鳥の中でもこの二か月が特に良かった。

続きを読む "プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その2

さて、「若冲」だが、まずはこの絵から。

_jyakuele
伊藤若冲 「鳥獣花木図屏風」(右雙 部分)
この絵を見た時は、衝撃を受けた。明るい色調と単純化されたモチーフ、そして楽園のような楽しさ。確かに、はたこさんのブログにあるように、お風呂屋さんのタイル画を思い浮かべる。(これに富士山があればまさにお風呂屋さん!)。この絵の手法は「桝目描」と言われるもので画面を小さな網目状に分け、その一つ々に同系色の色の濃淡を付けて塗っていき立体感をだす方法である。若冲が始めたとされているが、若冲の後これを継承した絵は見ていない。若冲の描いた「桝目描」は3つある。「白象群獣図」「樹花鳥獣図屏風」そして今回の「鳥獣花木図屏風」である。その内、若冲の印章があるのは「白象群獣図」のみ(白象群獣図も印章の切り抜きが貼ってあるらしい)。今回のこの絵に関しては、その他の若冲と大きく異なるため、一部の学者の中では、若冲の作ではないとする説もある。
これら3作品を今まで見て来たが、若冲の後半の絵には、この屏風の要素はある。しかし、これは若冲一人では描けるとは思えず、そこに何らかの他の人々の手が入っていると思われる。
また、この絵には西陣の織物の下図として描かれたとする説もあるが、もしこれが西陣の下絵ならば、その大きな織物は何に使われたのか?。若冲が京都の鉾町に近い所に生まれた事を思うと、これは山鉾の懸装品のために描かれたのではないだろうか?この絵を掛けた鉾が祗園祭の日に都大路を揺れ進む様を想うとワクワクする。
なにぶん、その奇抜さのために、色々と問題のある絵だが、見ていて楽しい事は事実である。

続きを読む "プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その1

プライスさんの収集した「若冲と江戸絵画展」。前評判にたがわず素晴らしいものだった。収集家としての定まった美意識(好み)に基づくコレクションは見ていて気持ちの良いものだった。

Jyakutyuu1個人のコレクションとなるとある特定の作家の作品を収集したものと、コレクターの好みの作品を集めたものとに大別されるが、後者の場合は作品にむらが有り(見る側の主観ですが)作品の内容が一定しないように思えるものが多い。しかし、プライスコレクションは自然な美しさと、見て楽しい作品を集めるという方針が貫かれているように思えた。
今回里帰りした作品は約109点、その中核を成すのは「伊藤若冲」「長沢蘆雪」等の江戸時代の京都画壇の作品群と、「酒井抱一」「鈴木抱一」等の江戸琳派の作品群である。

続きを読む "プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その1"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »