« イルミネーション | トップページ | 若冲「果蔬涅槃図」 京博常設展 »

2006年11月26日 (日)

紅葉狩り

朝晩冷え込むようになり、京都の街中では今週位からが紅葉の見頃。

Img_9018天気はもう一つだが、東山の方へ「紅葉狩り」へ。
八坂神社から清水へ行こうとするが、観光客で一杯。
まるっきり人のいない所で「紅葉狩り」も寂しいが、芋の子を洗う様な人混みの中ではしんどい。
東福寺もいっぱいだろうし、ちょっと手前の「今熊野の観音さん」へ向かう。
泉涌寺の参道を手前で折れ、今熊野観音寺の参道へ入ると周りの木々がパァーットと色ずく。
橋を渡ると観音寺は紅葉に囲まれている。
今熊野観音寺は泉涌寺の塔頭の一つで、西国三十三カ所の札所。
平安時代末期、後白河法皇が頭痛平癒を祈願し治ったことより、中風やボケ封事の霊験豊かな観音さんとして有名だ。
また、東山の谷あいにあり、隠れた紅葉の名所でもある。

Img_9023寺内の茶屋から眺めると、ちょうど紅葉が目の前に広がる。
緑、黄色、赤と錦秋のながめのなかで、「おはぎ」を食べる。

薄い黄色から、茶色っぽい黄色まで、朱色に近い赤から黒っぽい紅まで、一本々が異なった色で織りなしている。見事な景色である。自然の美しさに圧倒される。

そんなに広いお寺ではないが、小一時間程、お参りをしたり、散策をして「紅葉狩り」を楽しむ。
ボケ封事の観音さんにも、しっかりと「願」をかける!

お昼も近づき、お腹もへってきたので、八坂さんの方へ戻る。途中の東大路は観光バスで渋滞気味。

Img_9051やっと、八坂神社に着き、石段下の「いづ重」でお昼にする。
「鯖寿司」もいろいろあるが、食べ慣れているせいかここの鯖寿司が口に合う。
鯖の酢加減や大きさや等ももちろんだが、この店の雰囲気が鯖寿司を食べるのに似合っている。
入口の火鉢に、夏でも鉄瓶にお湯がわいている。この光景が懐かしい。

鯖寿司といなりと鱧の押寿司。きれいな紅葉がのせてある。

店を出るととうとう雨が降って来た。この細かい雨で、紅葉もさらに奇麗に洗われるだろう。

|

« イルミネーション | トップページ | 若冲「果蔬涅槃図」 京博常設展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/4324935

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩り:

« イルミネーション | トップページ | 若冲「果蔬涅槃図」 京博常設展 »