« プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その3 | トップページ | 夜の散歩 »

2006年11月 6日 (月)

狂い咲き

11月になり、朝は肌寒いが、日中は暖かいというよりも暑い気候が続いている。そのせいか知らないが、街を散歩していて、季節外れの花が咲いているのを見かける。

Img_8842これは「朝顔」。

新町御池辺りの北側の歩道にある花壇に咲いている。
青色の大きな花がきれいに咲いている。それも一輪二輪ではなく幾つも咲いている。
はじめこの朝顔を見た時は、「きれいな色の花が咲いてるなぁ・・」と思い、「何の花かな?」と近づいていった。
そこでびっくり!

アッ・・、アッ・・朝顔ではないか!! 

9月頃の朝顔は今まで見たことがあったが、11月の朝顔は初めてだ。
それに、秋の空の様な奇麗な青色。おもわず、携帯のカメラを構えてしまった。

それ以後、目を配っていると、時々朝顔が咲いているのを見かける。

Img_8870これは「桜」。

堀川寺の内を西にはいった表千家の辺りで、ふと上を見上げると桜が咲いていた。
さすが、表千家さんやなぁ・・いつでも桜が咲いている。(何の関係や?)

寒桜にはちょっと早いし、夕暮れの中じっくり見ると普通の桜みたい。(といいながら寒桜と普通の桜の違いはわかってない)

この陽気にちょっと狂ったのかなぁ・・。ちょっと寂しげに淡く咲いている。
来年の春にもう一度咲くのかなぁ?

地球温暖化のせいで、確かにこの頃の気候は少しおかしいと実感する。
自然が狂えば、人も必ず狂う。今までは、人が狂っても、自然はなんとか正常を保っていた。
そろそろ、その限界値を越える時期が近づいて来たのかも知れない。

狂い咲きのこの花々、美しさの中に潜む不気味さをその中に含ませている。

|

« プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その3 | トップページ | 夜の散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/4090410

この記事へのトラックバック一覧です: 狂い咲き:

« プライスさんの「若冲と江戸絵画展」その3 | トップページ | 夜の散歩 »