« 「揺らぐ近代」京都国立近代美術館 | トップページ | 節分 »

2007年1月31日 (水)

街中をフラフラと

この間の休みの日、ブラブラと街中を歩き回っていた。昼前から家を出て気の向くままに東へ向かって歩き出した。

Img_9437錦通りを烏丸を越え、大丸の裏を過ぎ錦商店街に入ると、牡蠣のいいにおいがしている。
錦高倉にある「だいやす」さんが店の表で、牡蠣を焼いている。

以前は貝や海老の専門店のような魚屋さんだったが、2〜3年程前から、表で牡蠣とか海老を焼き、中で食べられるようにしている。手軽さが受け、入れない人が表に並んでいる光景をよく見る。

今日は、まだ昼前のせいか空いている。
これ幸いとばかり、お昼にはちょっと早いが中に入る。

Img_9434店中はカウンターが6席と腰掛けが4席位の小さい店。

早速、焼牡蠣6個とブリ塩(ブリの塩焼き)、そして白ワインを頼む。

新聞等によると、今年はノロウイルスのおかげで牡蠣が売れなかったそうだ。確かに昔は貝毒といわれ、貝から伝染したが今回の流行はまた別の感染ルートであるらしい。ノロウイルスによる細菌性胃腸炎、昔はこれを「霍乱」といった。よくいう「鬼の霍乱」ですよ。確か、「病草子」にもあったなぁ。

と思っている間に、牡蠣が焼けて来た。早速ほおばる。
プリプリしていておいしい!
ズーズーッと汁を吸い込む。海の香りというか、牡蠣独特の味が口中に広がる。
6個はあっという間に食べてしまった。
ここでワインをおかわり。ブリ塩も焼き加減がよく、皮はパリパリ、身はしっとり。これまた美味。

Img_9432しかし、こうやって昼前から呑むと、ちょっと疚しい気持ちになる。なんとなくお尻が落ち着かないので早々に退散する。まじめだなぁ〜。

いい気持ちで錦を歩いて行くと、包丁の「有次」の前で「有次」のご主人と懐石の「縁」の大将に遇う。遅くなったが新年の挨拶。(そう言えば「縁」にもごぶさただなぁ)

それから、嫁さんの買い物に付合って高島屋へ行き、家へ戻る途中、三条寺町で上を見ると、「かに道楽」のカニさんが風邪をひいていた。

はやく良くなってください・・・。

|

« 「揺らぐ近代」京都国立近代美術館 | トップページ | 節分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5171975

この記事へのトラックバック一覧です: 街中をフラフラと:

« 「揺らぐ近代」京都国立近代美術館 | トップページ | 節分 »