« 立春 | トップページ | シンポジウム「日本画の変貌」 »

2007年2月 5日 (月)

『食べる西洋美術史』を読んで

『食べる西洋美術史』 宮下規久朗 (光文社新書)

Imgtabehon昨年来からの新書ブームで、毎月多くの出版社から何冊もの新書が出る。タイトルだけを見るとどれもこれも面白そうだが、なかなか表題と内容の面白さが一致するのは少ない。
そんな中から、この一冊。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の審判」から始まり、ポップアートのアンディ・ウォーホルの「最後の審判」まで、「食」という行為を通じての絵画の意味を説明する内容。

本書の構成は
第一章 『最後の晩餐』と西洋美術
第二章 良い食事と悪い食事
第三章 台所と市場の罠
第四章 静物画 ー 食材への誘惑
第五章 近代美術と飲食
第六章 最後の晩餐

作者の「宮下規久郎」氏は神戸大学助教授でイタリアを中心とする西洋美術史が専攻。
最近人気が出ているルネサンスの画家「カラヴァッジョ」を広めた先見者。

この本では、絵画のカラー写真も多く載せ、ルネッサンスからフランドル、スペイン、オランダ、フランス、そして近代の名画についてその絵の持つ宗教的意味合いや隠喩されるもの、作家のこめた意味を大胆にかつ緻密に展開している。特に、ルネサンスからフランドルに関する部分は特筆もの。

単なる美術史、絵画鑑賞の手引きの域をこえて、文化論、思想論に至っている。絵画を単なる美術品から、その時代の人間を表すものとして評価している。思想も因習も知らない国の美術品を見ても本当の意味の感動は得られない。やはり知識としてでもそれらの事を知っておいた上で鑑賞するほうがより楽しい。
そのへんの西洋絵画にたいする知識を、万国共通の「食べる」という行為を媒介することで、観る側はより確実に知る事が出来る。

そのへんの所を筆者は次のように述べている。
『人は臨終になったら、いったい何が食べたいと思うだろうか
食事こそはコミュニケーションの最大の手段であり、宗教と芸術につながる文化であった。人と人、社会と個人、文明と自然、神と人、罪と救い、生と死、それらすべてを結合させる営みが食事であった。また真の芸術は、単なる感覚の喜びなどではない。人間の生の証であり、宗教にも通じるものである。その意味において、食事と美術、さらに宗教は一直線につながっているのである。』(本文 エピローグから)

今年はダ・ヴィンチの「受胎告知」が日本にやってくる。それにあわせてルネサンス時代の絵画を見る事も多くなるだろう。その意味ではグッドタイミング。
ルネサンスの部分だけを読むだけでも充分価値が有る。

西洋絵画をより理解して見る為の好著である。私はこの様な本を待っていた!

|

« 立春 | トップページ | シンポジウム「日本画の変貌」 »

コメント

わたしも絵や小説に、食べ物関係(?)を探してしまうほうなんです。
この本も読んでみようと思っています。

投稿: はたこ | 2007年2月 8日 (木) 00時04分

はたこさんへ
この本を読み終わって、まず「はたこさんに紹介しなくては!」と思いました。
ちょっと知っていると面白いですからね。
ぜひ読んでみてください。

投稿: 好日 | 2007年2月 8日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5226280

この記事へのトラックバック一覧です: 『食べる西洋美術史』を読んで:

« 立春 | トップページ | シンポジウム「日本画の変貌」 »