« 京都 桜逍遥(千本釈迦堂 阿亀桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(御所 近衛邸跡) »

2007年3月28日 (水)

京都 桜逍遥(永観堂 多宝塔)


「仏には 桜の花を たてまつれ わが後の世を 人とぶらはば」

西行 山家集

Img_0640_1

東山にある永観堂の桜です。

永観堂は紅葉で有名ですが、その山の中腹にある多宝塔の側に大きな桜があります。
しかしこの桜、なかなか見るポジションが難しいです。
本堂からは見上げるようになってしまい、庭からは杉の木や紅葉の木がじゃましてもうひとつよく見えません。すぐそばの多宝塔からはかえって近過ぎてその側面しか見えません。
幼稚園の入口付近か、池中の弁天島ぐらいがベストのポジションかと思います。

しかし、遠目に見ると立派な桜です。隣の多宝塔と二つ並んでいる姿はなかなかのものです。

阿弥陀堂(ただ今工事中ですが。)におられる、「見返り阿弥陀」さんも、この花を見ようと振り向いておられるのではないかと思えます。

|

« 京都 桜逍遥(千本釈迦堂 阿亀桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(御所 近衛邸跡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5890716

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(永観堂 多宝塔):

« 京都 桜逍遥(千本釈迦堂 阿亀桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(御所 近衛邸跡) »