« 京都 桜逍遥(御所 近衛邸跡) | トップページ | 京都 桜逍遥(醍醐寺 霊宝館) »

2007年3月30日 (金)

京都 桜逍遥(南禅寺付近)


「雲にまがふ 花の下にて ながむれば 朧に月は 見ゆるなりける」

西行 山家集

Img_0655

南禅寺付近の清流亭にある枝垂桜です。この辺りは大きな邸宅や南禅寺の別塔が建ち並ぶ静かな所です。

ここに来た時は、もう夕暮れで西山に陽が沈みかけ、桜の上の部分には残照があたっていますが、足下あたりは薄暗くなっていました。花の下に立ち、上を見上げると花の間に上弦の月が光っていました。

「花鳥風月」「雪月花」等、日本人の自然に対する思い入れをあらわす言葉にあるように、「花」と「月」の組み合わせは心に響きます。

刻々と藍色から闇へと変わる空の色をバックに、月は段々と輝きを増し、桜の花もその白い色が浮かび上がって来る様子を暫しの間じっと見つめていました。

|

« 京都 桜逍遥(御所 近衛邸跡) | トップページ | 京都 桜逍遥(醍醐寺 霊宝館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5904719

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(南禅寺付近):

« 京都 桜逍遥(御所 近衛邸跡) | トップページ | 京都 桜逍遥(醍醐寺 霊宝館) »