« 京都 桜逍遥(南禅寺付近) | トップページ | 京都 桜逍遥(平野神社 魁桜) »

2007年3月31日 (土)

京都 桜逍遥(醍醐寺 霊宝館)


「おしなべて 花の盛りに なりにけり 山の端ごとに かかる白雪」

西行 山家集

Img_0733

豊臣秀吉が「醍醐の花見」を催したことで有名な醍醐寺は、現在でも京都有数の桜の名所です。
とりわけ、霊宝館の横にある枝垂桜は大きさ、枝振り、花の勢いともに素晴らしいものです。

左右に大きく枝をうならせた姿は、まるで大きく空を飛ぶ龍のようです。桜の雲をまとった龍です。
一枚の写真では入りきりません。上の写真よりまだ左側に大きく枝を張ってます。

はじめてこの桜を見た人達が、ため息の様な歓声をあげています。
そんな人々の羨望をものともせず、堂々とこの桜はどっしりと構えてます。人智を越えたなにかがこの桜には備わっています。桜の持つ霊気、狂気、神性すべてを持つ桜です。
その大きさ、幹の様子から見て、樹齢は180年を越えているといわれているのですが、人々の驚嘆を吸上げ、まだまだ元気な様子です。

私の中では、毎年ベスト1になる桜です。

|

« 京都 桜逍遥(南禅寺付近) | トップページ | 京都 桜逍遥(平野神社 魁桜) »

コメント

この桜を見てると、100年て桜にとっては短いのかも…と
思うほど雄雄しく、元気に見えるのですが…
100年も経つと弱弱しく、儚げで可憐に見える桜もあるのに、
何なのかな、この印象の違いは。
種類の違いだったらどうしよう。
時々考えてしまいます。

投稿: kodama | 2007年3月31日 (土) 22時50分

桜には1本1本個性があると思います。また、同じ木でも年に寄っては、ごろっと雰囲気が変わるときもあります。
それが、桜の花の魅力の一つになっています。

その年の自分に合ったその年の桜を捜して歩く。それがあきもせず毎年春になると桜を見に回る理由かも知れません。

投稿: 好日 | 2007年4月 1日 (日) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5926146

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(醍醐寺 霊宝館):

« 京都 桜逍遥(南禅寺付近) | トップページ | 京都 桜逍遥(平野神社 魁桜) »