« 京都 桜逍遥(御所 出水の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(永観堂 多宝塔) »

2007年3月27日 (火)

京都 桜逍遥(千本釈迦堂 阿亀桜)


「花見れば そのいはれとは なけれども 心のうちぞ 苦しかりける」

西行 山家集

Img_0546

千本釈迦堂にある「阿亀桜」です。
この桜のいわれとなっている阿亀(おかめ)さんは、鎌倉時代にこの千本釈迦堂を建てた棟梁の奥さんです。この棟梁が誤って4本の柱のうち1本を短く切ったため悩んでいた所、阿亀が枡組(屋根を支える枠を柱の上に組む工法)を組むことを提案し、それに従って工事が進み無事本堂が完成した。しかし、その上棟式の時、阿亀は世間に「妻の提言で本堂を建てた」棟梁との噂がたつのを防ぐため自ら命を断った。その阿亀の美徳をたたえ菩提を弔うよう、本堂の横におかめ塚がつくられ、その側にこの桜が植えられました。

いまは、阿亀塚に大きな像が作られ、満開の桜の様子をにこやかにながめておられます。

|

« 京都 桜逍遥(御所 出水の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(永観堂 多宝塔) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5889750

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(千本釈迦堂 阿亀桜):

« 京都 桜逍遥(御所 出水の桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(永観堂 多宝塔) »