« 知らないパンが増えてるぞ(ル・プチメック) | トップページ | 「桜舞う、醍醐寺展」醍醐寺霊宝館 »

2007年4月17日 (火)

京都 桜逍遥(落花の雪に踏み迷う)


「惜しめども 思ひげもなく あだに散る 花は心ぞ かしこかりける」


西行 山家集

Img_1361
Img_5272
Img_5270

音も無くハラハラと舞うように散る花。
京都の桜もそろそろ終末を迎えようとしています。

巡って来た桜の路は、いま花びらに埋もる路となっています。
咲いている花を見るのも楽しみですが、散る花を見るのも心に滲みいるものがあります。

満開の花の下、じっと花を見つめていると風もないのに突然狂ったように花が散る事があります。
ちょうど我が想いに応えるかのように・・・
ひと春に何回もある訳ではありませんが、そんなとき桜と同化したような気持ちになります。

残りの日を惜しみながら、もう少し今年の花を楽しみたいと思います。

|

« 知らないパンが増えてるぞ(ル・プチメック) | トップページ | 「桜舞う、醍醐寺展」醍醐寺霊宝館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/6117582

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(落花の雪に踏み迷う):

« 知らないパンが増えてるぞ(ル・プチメック) | トップページ | 「桜舞う、醍醐寺展」醍醐寺霊宝館 »