« 京都 桜逍遥(冷泉通) | トップページ | 京都 桜逍遥(龍安寺) »

2007年4月15日 (日)

京都 桜逍遥(雨宝院)


「花ざかり 梢をさそふ 風なくて のどかに散らす 春にあはばや」


西行 山家集

Img_1401

知恵光院通上立売を西に入った所にある「雨宝院」の桜です。このお寺は「西陣聖天さん」として西陣の方々には親しまれているお寺です。ここの桜が今見頃です。

小さなお寺なのですが、その狭い境内に「歓喜桜」「観音桜」「松月桜」「御衣黄桜」等何本も桜が植えられています。その中で御室桜系の「歓喜桜」と「観音桜」が満開散り始め。
時たま吹く気まぐれな風にのって、花が舞い散る様子は「すごい!」の一言です。

Img_1429

この境内は花の密度が濃く、花に酔ってしまいます。酔えば酔う程に花はその美しさを増し、心苦しい程の気持ちになります。

このお寺も近年多くの人が訪れるようになりました。ほんの3〜4年程前は、近所の人か噂を聞きつけた桜好きの人達が訪れる位だったのに、最近は「京の隠れた桜の名所」として取り上げられ、ツアーの方々も来られます。皆さん「こんな桜はじめてだ!」と驚嘆されてます。しかし境内が狭いので長居もできず、波のように訪れて、波のように去って行かれます。その後は、暫しの間昔の静かなお寺の戻ります。
「隠れた桜の名所」も少なくなって来ました。

緑かかった八重の花を付ける「御衣黄桜」は今週後半が見頃かと思います。その頃にまた再び訪れるでしょう。

|

« 京都 桜逍遥(冷泉通) | トップページ | 京都 桜逍遥(龍安寺) »

コメント

あれ、今朝コメント入れさせてもらったのにうまく入らなかったみたいです。

いつもながら美しい写真です。濃密な桜空間の雰囲気が伝わってくるようですね。

投稿: はたこ | 2007年4月16日 (月) 23時21分

はたこさんへ
Linkありがとうございます。プチメックの記事でパンの名前が覚えられないので、こちらもLinkさせてもらいました。

情報ですが、「御衣黄桜」、壬生通八条の六孫王神社にもあるみたいですよ。私もまだ未確認ですが、近いうちに見に行く予定ですので、またその様子はお知らせします。

投稿: 好日 | 2007年4月17日 (火) 01時22分

六孫王神社、行きましたが、お庭が
変っててショックでした。昔のお庭がよかったのに、
何で…って感じでした。
今や雨宝院もメジャーの仲間入りですよね。
観音桜は一重と八重が一木に咲いていたような…
気がするのですが、私の気のせいだったか、どうか、
知りたいです。

投稿: kodama | 2007年4月18日 (水) 00時08分

kodamaさんへ
六孫王神社の情報ありがとうございます。しばらくは、御衣黄桜と鬱金桜を追いかけようと思ってます。しかし時間がなくて、桜は待ってはくれませんからね。
また、今からでも間に合う良い所があれば教えてください。
雨宝院は八重だったと思います。そう言われてみると下の方は一部一重だったかな? また調べておきます。

投稿: 好日 | 2007年4月18日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/6107943

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(雨宝院):

« 京都 桜逍遥(冷泉通) | トップページ | 京都 桜逍遥(龍安寺) »