« 京都 桜逍遥(平野神社 魁桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(地蔵院 枝垂桜) »

2007年4月 2日 (月)

京都 桜逍遥(一ノ船入)


「桜咲く 四方の山辺を 兼ぬるまに のどかに花を 見ぬ心地する」


西行 山家集

Img_0807

木屋町二条にある高瀬川一ノ船入の桜です。木屋町通の桜は毎年一斉にパーッと咲きますが、ことしは何故か不揃いに咲いてます。満開の桜があると思うと5分咲の桜があり。バラバラという感じです。
この一ノ船入の高瀬船の前は、この桜だけが満開でした。

木屋町も、御池通の上(北側)と下(南側)とで、雰囲気が異なります。下側は若者の街という感じですが、上側はしっとりと落ち着いた感じです。この一ノ船入あたりの「島津創業記念資料館」の前で祗園祭のとき中御座の神輿が休憩し、神輿弁当を食べます。

ちょっと桜の話題とははずれましたが、もう少し時が過ぎ、高瀬川に桜の花びらが舞い落ちて流れ出すと、桜の風情を感じられる場所となります。

|

« 京都 桜逍遥(平野神社 魁桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(地蔵院 枝垂桜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/5942991

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥(一ノ船入):

« 京都 桜逍遥(平野神社 魁桜) | トップページ | 京都 桜逍遥(地蔵院 枝垂桜) »