« 家(うち)のごっつぉ (鳥のトマト煮) | トップページ | 「安宅英一の眼」大阪市立東洋陶磁美術館(その1) »

2007年5月20日 (日)

「伏見稲荷と渡来文化」 講演会

(財)世界人権問題研究センターが主催する講演会「伏見稲荷と渡来文化」を聴きに行って来た。
講師は京都大学名誉教授であり、高麗美術館館長でもある上田正昭氏。日本古代史を神話学・民俗学的な要素も入れながら、中国・朝鮮等の東アジアの国々との共通的な視点から読み解いておられる方。

Img_9492今回は、伏見稲荷の起源から、秦氏の事に付いて話される予定であったが、話の途中でその博学多識ぶりを発揮され京都の神社に関する色々と興味のある話になっていった。その話の中から題目の部分をピックアップすると。

伏見稲荷神社のある深草周辺は早くから開けた土地であり、伏見稲荷の神体山を中心に神が祭られておりそれは穀物神であった。秦氏が5世紀にはこの地に進出しており、欽明天皇(6世紀中頃)の時代には秦大津父(オオツチ)が天皇に重用され、馬を利用した商いで経済的にも力を持っていた。深草の地は天皇家の屯倉(ミヤケ)として当時の政権の穀物や兵器の保管場所として重要な地であった。
伏見稲荷の創建は711年、秦伊呂巨(イロコ)によって成され当時その神は3神(ウカノミタマ、サタヒコノオオカミ、オオミヤメノオオカミ)であった。平安時代にこれに元々の産土神であると考えられている2神(田中の神、四大神)が加わり5神となった。
信仰が生まれた時代から、稲荷神社は穀物神であり、それは「山背国風土記」にある「稲」に関する白鳥伝説からも知る事が出来る。
現在、京都の三大祭りというと「葵祭、祗園祭、時代祭」だが、時代祭は明治から始まった祭で、それ以前は「稲荷祭」が三大祭りの一つであった。
稲荷神社と東寺は東寺の塔を建てるにあたって、稲荷山の木を切った事により密接な関係を持ち、稲荷神社は東寺の守護神とされた。また東寺は稲荷の神を「ダ枳尼天(だきにてん)」という夜叉と見立てた為、その眷属(仕える動物)である狐が、稲荷神社の眷属として見なされるようになったとも考えられている。

伏見稲荷神社では秋の御火焚祭の時に、「韓神楽」が舞われている。これは稲荷神社以外には、宮中と鎌倉の三宅八幡宮に伝えられる舞であるが、稲荷神社以外は公開をしていない。日本の芸能史の中では重要な舞いであるので是非一度見られる事を勧められていた。名前のとおり韓国から伝わったもので「渡来文化」の風情を色濃く残す物であるらしい。

Img_9517秦氏については、「秦」という漢字を当てる様になったのは、平安時代以降。それまでは「波陀」。それが「波多」→「秦」となっていった。「秦」という漢字を当てたのは「秦の始皇帝」と結びつけようとする中華思想によるもの。元は新羅の「波旦(ハタン)」に由来している。1988年に「新羅古碑(524年)」が発見され、その文中に蔚珍郡(現在の大韓民国慶尚北道の蔚珍(ウルチン)に波旦県という県があること確認された。その波旦(ハタン)県が 統一新羅の景徳王によって滅ぼされ、その一族が日本へ渡り「秦氏」となったのではないかと考えられている。「ハタ(ン)」とは韓国語で「海」と言う言葉であり、またサンスクリット語では絹織物のこと。これらの事から韓国での「ハタ(ン)」は音により付けられたなまえであろうとされている。

「秦氏」も一度に渡って来た訳ではなく、時間の流れの中で渡来して来た。日本においても各地に住み着き、その技術を広めた。秦氏の住んだ場所を「太秦(ウズマサ)」と呼ぶが、この漢字も当て字。古語では「珍勝(ウズマサ)」と書かれている。この「ウズマサ」という名称は、大阪の寝屋川、兵庫の相生近くにも有り、秦氏の勢力の分布がうかがい知ることができる。

約1時間30分、いろいろな話をされたが、民俗学的な事に付いて良く知っておられ、その守備範囲の広さにはあらためて感心させられた。また板書(なつかしい言葉ですね)の字が立派。達筆でどんどん書いて行かれる。古き良き時代の大学の雰囲気を思い出させる迫力と熱心さが感じられた。こういう教授がおられるならば(もう講義はしておられないが)、また大学へ戻りたいような気がした。

|

« 家(うち)のごっつぉ (鳥のトマト煮) | トップページ | 「安宅英一の眼」大阪市立東洋陶磁美術館(その1) »

コメント

行かれたのですね!
たいへん詳しい記録で、わたしもお話を聞いた気になりました。
本を読むよりも、お話を聞いた方がずっと記憶に残りやすいので、わたしは講義や講演は好きです。
脱線もおもしろいですよね。

投稿: はたこ | 2007年5月21日 (月) 21時59分

はたこさんへ
おもしろかったですよ!
カモ氏の話もありましたし、葵祭の話も有りました。この時期にピッタリの脱線でした。(笑)
それに、上田先生の熱意がすごかった。八十を越えてられるのにほとばしるものと旺盛な知識欲があり圧倒されました。
しかし、識れば識るほど京都は面白いですね。
勉強しよっと・・・。

投稿: 好日 | 2007年5月22日 (火) 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/6493429

この記事へのトラックバック一覧です: 「伏見稲荷と渡来文化」 講演会:

« 家(うち)のごっつぉ (鳥のトマト煮) | トップページ | 「安宅英一の眼」大阪市立東洋陶磁美術館(その1) »