« 家(うち)のごっつぉ (ホタテのソテー) | トップページ | 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」 東京国立博物館 »

2007年6月18日 (月)

東京美術展めぐり

6月15日から18日まで東京へ行っていた。

Img_283915日は仕事だったが、16日からは美術展・ギャラリー巡り。
東京への出張はたまにするが、金曜日にあたることは稀。
また、見たい展覧会や画が展示されているタイミングもある。

今回、ちょうど16日から18日がそのタイミングだったため、東京に長居をしてしまった。

上は六本木の防衛庁後にできている。「国立新美術館」。設計は黒川紀章さん。斬新なデザインだということで建物として期待していた。しかし、まわりの「六本木ヒルズ」や「TOKYO MID TOWN」と比べると思っていたよりまとまった感じのする建物で、ちょっと拍子抜け。

見て来た展覧会は、
16日 
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 東京国立博物館
「平常展」 東京国立博物館
「パルマ展-イタリア美術、もう一つの都展」 国立西洋美術館
「平常展」 国立西洋美術館
17日
「開館40周年記念展 山種コレクション名品展」 山種美術館
「肉筆浮世絵のすべて-その誕生から歌麿・北斎・広重」 出光美術館
「風俗画と肉筆浮世絵〜館蔵肉筆画の精華〜」 たばこと塩の博物館
「アンドリュー・ワイエス展」 青山ユニマット美術館
18日
「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」 国立新美術館
「水と生きる サントリー美術館 開館記念Ⅱ」 サントリー美術館

それと幕見だったが歌舞伎座6月大歌舞伎、ギャラリー展を2カ所。

さすがに「よく見たなぁ・・・」と言う感じ。
これからしばらくこの感想が続きます。

|

« 家(うち)のごっつぉ (ホタテのソテー) | トップページ | 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」 東京国立博物館 »

コメント

 かなり歩かれましたよね?
 東京って道路が広いし、交差点渡るだけでも「ひぇ~」って思うときがありませんか? 

投稿: ごうやん | 2007年6月22日 (金) 22時17分

ごうやんさんへ
いつも東京にいって思う事なんですが、東京って坂ばかりなんですね!。京都だったら30分程で行ける距離が倍かかります。
今回の最長距離は六本木から青山通って渋谷まででした。
つかれた〜。

投稿: 好日 | 2007年6月23日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/6831762

この記事へのトラックバック一覧です: 東京美術展めぐり:

» 大回顧展モネ [はなことば]
新美術館で開催中、というより、もうすぐ会期が終わる「大回顧展モネ」に行ってきました。 「大回顧展モネ」ていう響き、なんか、「首都大学東京」みたいな響きがある。なんとなく、語の並び方として。 まあ、そんなどうでもいいつぶやきはおいといて、と。 平日なのに混..... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 21時33分

» 水と生きる 前期 [はなことば]
サントリー美術館で開催中の「水と生きる」展の前期分を見てまいりました! 中期・後期と展示替えがあるので、足しげくミッドタウンに通うことになりそうです。ミッドタウンに行くのはいいんだけど、あまりお店とか見ないで出てきちゃうのよね~。サントリー美術館のある建物..... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 06時27分

« 家(うち)のごっつぉ (ホタテのソテー) | トップページ | 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像」 東京国立博物館 »