« 梔子の花(くちなしのはな) | トップページ | 「ティアラ展」 京都文化博物館 »

2007年7月 6日 (金)

「風俗画と肉筆浮世絵展」 たばこと塩の博物館

東京渋谷にJTが集めた、たばこと塩に関する資料の博物館がある。
今でこそたばこは諸悪の根源みたいな扱い方をされているが、昔は一つの風俗として、庶民に人気に合ったもの。
だから、その資料のなかには、浮世絵や風俗画が多く含まれている。

収集のテーマが「たばこと塩」であるだけに、他の博物館や美術館では見られない様な珍しい画も多くある。それにこの博物館、入館料が¥100!。見に行って損は無い。逆にものすごく満足する。

Img_tabako1やはり、このような風俗図等を見ていても「京都」に関連するものには特別関心がある。

これは、17世紀後半の京都の風俗を描いた「月次(つきなみ)風俗屏風図」
右雙と左雙に分かれた、六曲一双の屏風。1月から12月までの京都の街中の様子が順々に描いてある。一月は「市中正月」、二月は「伏見稲荷の初午」、三月は「内裏の闘鶏」、四月は「藤見の花見」、五月は「端午の節句」、六月は「糺の森の納涼」、七月は「盂蘭盆」、八月は「嵯峨野の月見」、九月は「重陽の節句」、十月は「高雄の紅葉狩」、十一月は「御火焚」、十二月は「煤払」と続いて行く。

上図はその八月の「盂蘭盆」。ようするに盆踊り。
街角に、多くの人が集まり輪になり盆踊り、この頃の言葉では「風流踊り」を踊っている様子。

ここで気付くのは、多くの人が笠をかぶったり、また手拭で顔を覆っている事。
大きく盆提灯の様なものが飾られている事。
行われているのが寺内ではなく街角である点。

盆踊りは、庶民の娯楽として最も定着した踊りで、室町中期から発展し、江戸初期に爆発的な隆盛を迎えた。当初はお盆の供養のおかげで成仏することのできた亡者たちが歓喜する姿を表現したものとか、お盆にもどってきた精霊たちを踊りに巻き込みながら送り出すためのものとされていたが、社会が豊かになるに連れて生きている者の楽しみの一つとなってきた。しかし、余りに華美に流れ、淫靡に流れたため、三都(江戸・大阪・京都)では江戸後期に禁止令がだされたほどだった。その最も華やかだった頃の様子である。

ほおかむりや笠をかぶっているのは二本差しや華美な着物を着ている女性で、庶民の楽しみに武士も参加していたのであろう。なかなか楽しそうな様子である。しかし囃子方がいないなぁ。

Img_tabako2これは十一月の「御火焚」

今まで多くの風俗図をみてきたが「御火焚」が描かれているのを見たのは初めて。

「御火焚」は宮中で行われていた「新嘗祭」(秋の収穫の感謝祭)が市中に伝わり、五穀豊饒を祝い、防火と健康である事を願う行事となった。京都を中心として畿内で行われている行事。

この画の場合は、神職が執り行っているのではなく、町内の長たる風情のものが「御火焚串」(健康を願い氏名を書いた護摩木)を火の中にくべている。
現在でも、神社でおこなわれている神事としての「御火焚」もあれば、風呂屋さんや染屋さん等火を使うところで行われている「御火焚」がある。

これは後者のような「御火焚」であろう。

この様な風俗屏風や洛中洛外図は見ていて飽きない。じっくりとみているとまるでその時代にワープしたかの感じを受ける。しかし、京都の暮らしというのは昔と余り変わらないことをやっているのだな。
そのような意味で、安心もするし、感心する。

Img_tabako3これは大津絵の「婦女喫煙図」。

大津絵は江戸時代、三井寺の門前で仏画や土産の絵として描かれたもの。
素朴ながら、諷刺の効いた内容で人気があったらしく、その画題には「鬼の念仏」、「藤娘」、「鷹匠」、「座頭」等があり、それぞれの画題に応じて護符としての意味も持つ。 滋賀県大津にも専門の美術館があるが、これは大津絵の稚拙で素朴な雰囲気がよくでた優品。

この絵には解説によると「うつくしき 刻みたばこの色と香も 息引きとれは 灰とこそなれ」という歌がかかれており、美しい藤娘も煙草も盛りを過ぎたり、燃え尽きてしまえば灰になってしまうという意味深長な画となっている。

なかなか味のある画である。思わず見とれてしまった。

その他、たばこや塩汲みの多種多様な肉筆浮世絵が多数展示されており、楽しめた。

|

« 梔子の花(くちなしのはな) | トップページ | 「ティアラ展」 京都文化博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7058758

この記事へのトラックバック一覧です: 「風俗画と肉筆浮世絵展」 たばこと塩の博物館:

« 梔子の花(くちなしのはな) | トップページ | 「ティアラ展」 京都文化博物館 »