« 祇園祭あれこれ07「2つの御旅所」 | トップページ | 祇園祭あれこれ07「還幸祭」 »

2007年7月23日 (月)

祇園祭あれこれ07「還幸祭中御座巡行路」

久し振りに青空が広がり、夏らしい雰囲気になった。
明日も晴れるとの予想、そこで明日の「還幸祭」の中御座巡行路と見所をご紹介。

Img_7705担ぎ出しは四条寺町の御旅所。(午後5時)

ただちに「御魂遷し」の神事が始まる。

この神事により「スサノヲノミコト」の御霊が神輿に遷されると、神輿は四条寺町で差上げられ振られる。

その後、神輿は寺町通を振られながら南へ進んで行く。

寺町高辻の交差点を西に取り、高辻通を烏丸通まで進む。
その途中、高辻柳馬場あたりで「力水」を受けるため一時停止。

烏丸通の出ると烏丸仏光寺にある「大政所」をめざし北へ上がる。

7時頃「大政所」に着き、暫しの休息。

「大政所」を出発し、四条烏丸で差上げて今度は四条通を西へ。

四条西洞院で一時止まり、続いて四条大宮へ向かう。

6時45分頃、四条大宮に着き南側のロータリーで「丹波八坂太鼓」の歓迎を受け、差上げる。

四条大宮からは大宮通を北上し、「神泉苑」へ向かう。ここからは暫く神輿に台車をいれる。

「神泉苑」では拝礼をし、そのまま御池通りを二条駅へ進む。

二条駅からは、千本通りを下がり「千本三条」に着くのは19時過ぎくらい。ここが折返し地点。ここで台車を抜き、神輿に提灯を灯す。

三条商店街は中御座神輿を担ぐ「三若神輿会」の地元の為商店街の中を振りながら三条黒門にある「御供社」をめざす。

ここで神事を行い、同時に夕食。7時45から8時20分頃まで神輿は「御供社」の前におかれるため、見物の方々はすぐそばに寄れる。

夕食後、神輿はひたすらに八坂神社をめざし、三条通りを東へ進む。

堀川三条からは、坂を上がって行く事になるので再び台車を入れる。

烏丸を越え、「京都文化博物館」の前で再び「丹波八坂太鼓」の歓迎を受けながら、寺町三条をめざす。

寺町三条で再び神輿は南を向き、寺町通を四条に抜ける。

四条に出ると、出発点の御旅所を通り、河原町を越え、四条大橋を渡り、洛中から離れる。

そのまま四条通を八坂神社の石段下まで進み、ここで差上げその後八坂神社の南門から神社の境内に戻る。神社に戻るのはだいたい9時30分前後。

ここから、舞殿の周りを振りながら3周し、舞殿の前で今年最後の神輿を力の続く限り降り続ける。
中御座が舞殿におさめられるのが10時前。

大体、予定ではこの様なスケジュールで運行されるが、神輿のことだけに時間的な前後は発生する。

見所としては、出発点の「御旅所」前、地元だけに狭い路を振りながら進む三条商店街、そして最後の振りを続ける八坂神社境内。

「祇園祭」の締めくくりを、とくと御覧あれ!

|

« 祇園祭あれこれ07「2つの御旅所」 | トップページ | 祇園祭あれこれ07「還幸祭」 »

コメント

いよいよ明日ですね。
わたしも御旅所を出た直後と、最後の八坂神社で出会えるかもしれません。
好日さん、どうか気をつけてお役目を果たしてくださいね。

投稿: はたこ | 2007年7月23日 (月) 22時52分

私の夢が一つ増えました。
 今ごろ、仏光寺を上がっている頃でしょうか?

 先日の巡行が夢のように感じられます。

投稿: 東女 | 2007年7月24日 (火) 18時41分

 あーん(>_<) とっても楽しみにしていたのです。
急用が出来、月曜日から宮津行きとなってしまいました。でも、こちらも大切なお勤めです。祇園祭は逃げていかないと自分に言い聞かせます。でも、(T_T)。

投稿: ごうやん | 2007年7月24日 (火) 21時34分

今日もたっぷり堪能させていただきました。
夢心地です・・・。

投稿: はたこ | 2007年7月24日 (火) 23時57分

はたこさんへ
おかげさまで無事終える事が出来ました。
久し振りに「夏の日」の神輿らしく、輿丁の人々も燃え素晴らしい祭りとなりました。
家に帰って来たのが、日が変わってからになり、まだ記事も書けてませんが、出来ましたらまた宜しく。

何処かでお会いした様ですが、また気付きませんでした。
すみません。

投稿: 好日 | 2007年7月25日 (水) 21時46分

東女さんへ
ちょっと遅れ気味の予定でしたが、コメントをいただいた頃夕陽に輝きながら神輿は四条通を西に向かっていました。

来年か、またこの次「祗園祭」の頃京都へ来られるのなら、是非神輿を拝んでください。

東京の三社の神輿よりはズーッと大きく、キラキラと輝いたものですよ。「祗園祭」の新たな一面を発見されると思います。

投稿: 好日 | 2007年7月25日 (水) 21時53分

ごうやんさんへ
「祗園祭」は逃げては行きません。毎年々その年の最高の神輿を御見せします。来年是非何処かで見てください。

ブログの記事が遅れていますが、書きましたら、今年の神輿は拙ブログでその雰囲気を感じてください。

早く書かなければ・・・・。

投稿: 好日 | 2007年7月25日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7250849

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭あれこれ07「還幸祭中御座巡行路」:

« 祇園祭あれこれ07「2つの御旅所」 | トップページ | 祇園祭あれこれ07「還幸祭」 »