« 家(うち)のごっつぉ (鶏のオレンジ風味) | トップページ | 祇園祭あれこれ07「御神輿の町会所」 »

2007年7月14日 (土)

祇園祭あれこれ07「雨の鉾町」

宵々々山、宵々山にあたるこの14日・15日の土日はどうも台風の影響で雨になりそうです。

Img_3137昼過ぎに鉾町に方へ行きましたが、やはり人の出はもうひとつです。

屋台もまだ少なく、もうひとつ活気が見られません。
観光客の人達も、傘越しに鉾を見上げながら足下に気をつけて回ってられます。

祇園祭りの頃にまだ梅雨が開けない事はよくありますが、「台風」が来るというのはあまり聞いた事がありません。

宵山や宵々山の夜に激しい夕立と雷が鳴り、皆さん四条烏丸の地下道に避難し、あの狭い地下道が人で一杯になるのが普通です。それで京都の梅雨が明けて行きます。

Img_3118このように雨が降り続くと「山」や「鉾」の関係者の方も大変だと思います。

懸装品や描いてある美術品等が傷むんではないかとか、怪我や事故が起こるんではないかとか色々と気苦労が絶えないと思われる。

現在の祇園祭は「財団法人」や「町内会」的な「社団」等によって運営されており、基本的な精神は役員や関係者のボランティアで運営されている。

通常と同様の祭り行事なら、今までの経験でのりきれるだろうが、いざ問題が起こったり、今回のように台風なんかに遭遇したりしたら、責任の問題、人の問題なんかで悩まれることも多いだろうと思える。

「祭」というのは、当初自然発生的に、地域の住人達の自発的な気持ちで起って来た。それが代々親から子へと、住人から住人へと引継がれて成り立っているものである。

Img_3129「祇園祭」位の大きな祭りとなると、それに「観光」という要素が近年にははいりこみ、逆に最近は、その面が最も表に出て来ている。

それをどうのこうの言うわけではないが、祭りの関係者にとってはやはりその事が悩みの一つになっている事も事実であろう。

ちょっと前の京都新聞に祇園祭を世界遺産にという記事が載っていたが、今の状況では、良し悪しの面があるのではないだろうか?

雨に濡れて、しっとりとした鉾町をブラブラしながら、ちょっとそんな事を考えた。

|

« 家(うち)のごっつぉ (鶏のオレンジ風味) | トップページ | 祇園祭あれこれ07「御神輿の町会所」 »

コメント

好日さん,
今日は天候も回復し、早い時間からすごい人出となっておりまして、いつも行く山にも行けない状態でした・・・。

好日さんが携わっておられる御神輿はどこに行けば拝めるのでしょう?やはり四条通の御旅所でしょうか?

投稿: はたこ | 2007年7月16日 (月) 00時11分

はたこさんへ
15日は人が多かったですね。皆さん待ってたかの様に繰り出していましたね。

御神輿は17日の夕方まで、八坂さんに納められています。17日の夕方から、神幸祭で各町内を巡行し、四条寺町の御旅所に納められます。

ぜひ、拝みに来てください。

投稿: 好日 | 2007年7月16日 (月) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7139388

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭あれこれ07「雨の鉾町」:

« 家(うち)のごっつぉ (鶏のオレンジ風味) | トップページ | 祇園祭あれこれ07「御神輿の町会所」 »