« 「打ち水」 | トップページ | 「六道参り」 »

2007年8月 7日 (火)

家(うち)のごっつぉ 「加茂茄子の田楽」

知り合いから「加茂茄子」と「万願寺唐辛子」をもらったので早速食べてみた。

Img_3333加茂茄子は半分に切って、まずさーっと油を通す。
そんなに揚げ切らなくてもいいみたい。

それから田楽味噌を作る。白味噌と八丁味噌とお酒と味醂と砂糖をほんのひとつかみ。雪平鍋でゆっくりと練って行く。あくまでも弱火で。

とろりとしてきたら、もう一我慢したのちに卵をよく溶いたのを入れ、また練り上げる。
白味噌と八丁味噌の割合を変える事で田楽味噌の色が決まるが、家では黒っぽい色へ混ぜ合わせる。

味噌ができたら、お茄子に塗ってオーブンへ。

ここできっちりと焼き上げる所もあるが、家では焦げ目が付くか付かないかぐらいで止める。
茄子の水っぽさが多く残っている方が好み。

Img_3330万願寺唐辛子のほうは単に網で焼くだけ。

この頃、万願寺も赤いのがつくられるようになった。(以前からあったのかもしれないが、知ってるのは緑。)

ピーマンとパブリカの関係みたいなものかな?
食べてみると赤い色の方が、甘味が強い様な感じがする。

これには醤油をかけて食べる。

ついでに「にゅうめんも食べたいな?」と嫁さんにリクエストしたところ、「他のおかずもつくらんなのに、食べたかったら自分で作って!」と拒否されてしまった。

今日はこれで我慢。

|

« 「打ち水」 | トップページ | 「六道参り」 »

コメント

 なるほど、オーブンで焼けばいいのですね。今度やってみます。

 ピーマンもしし唐も唐辛子も熟すと赤くなります。赤い実が少し入るといろどりがいいですね。

 万願寺、最近は辛いのが出てきましたね。昨日は大当たりを食べてしまって・・・。唐辛子の辛いの苦手なので、えらい目にあいました。  唐辛子と言えば、私は伏見育ちで、子供の頃は伏見甘しか知りませんでした。しし唐を知ったのは、二十歳過ぎてからです。

投稿: ごうやん | 2007年8月 8日 (水) 09時35分

万願寺に賀茂茄子は大好きな夏野菜です。
賀茂茄子は田楽ももちろんおいしいけれど、角切りにして、オリーブオイルで炒め焼きにして、ちょっといいお塩で食べるとこれまたとてもおいしいです。

万願寺はてんぷらもいいですね。今ちょうど、ラタトゥイユを煮込んでいるのですが、万願寺を入れても
よさそうです。


投稿: はたこ | 2007年8月 8日 (水) 20時42分

ごうやんさんへ
唐辛子、当ると大変ですね!
舌はしびれるは、くちびるは痛いは!

でも、これも夏の風物詩だと思っています。

いままでの経験から、ちょっと小さめで、ひねた感じのするやつ。これが危ないです。

投稿: 好日 | 2007年8月 9日 (木) 10時25分

はたこさんへ
じりじりとした太陽に照らされた「夏野菜」。料理法に関係なくおいしいですね。また、あの色が気持ちを華やかにします。

ラタトゥイユもよさそうですね。我が家ではトマトをベースに目に付く野菜をどんどん入れていきます。味付けは塩コショウのみ。
食べる直前にちょっとバルサミコでアクセントをつけるのが我が家のはやりです。

投稿: 好日 | 2007年8月 9日 (木) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7452265

この記事へのトラックバック一覧です: 家(うち)のごっつぉ 「加茂茄子の田楽」:

« 「打ち水」 | トップページ | 「六道参り」 »