« 「地蔵盆」 | トップページ | フィラデルフィア美術館展 「ルノアールとモネ」 »

2007年8月21日 (火)

「お盆の夏の夜には・・・」

この間の晩、ちょっと奇妙な体験をした。
夜に友人から電話が掛かって来た。「MACの調子が悪いんや。見てくれへんか?」。友人は医者なので京都の某所にある病院へタクシーで行った。8時頃だったかなぁ。

Img_3503この病院、古くからあり広い敷地の中に病棟が点在している。その病棟間は渡り廊下で繋いである。

緊急の入口で友人の名前を告げると、暫くして友人が迎えに来た。一緒に友人の部屋まで行き、MACの修理は30分程で終わった。その後、とりとめもない話を少しして10時頃帰る事にした。

「車か?」と聞くので「ビール飲んでたしタクシーや。下まで行ったらあるやろ」。「ほな、出口まで送るは」という友人の申し出を断り一人部屋を出た。消灯時間を過ぎると渡り廊下の灯りは非常灯だけになり、センサーで人の動きを感知すると点くようになっている。幾つかの廊下を通り最後の渡り廊下で残りが三分の一あたりで突然頭上の蛍光灯が消えた。一瞬ドキッとしたが出口の灯りが見えていたので先を急いだ。

緊急用の入口から出て病院の敷地内の道を通って門の方へ行くと、入った所にタクシーが一台空車のランプを点けて停まっているのが見えた。「ラッキー、歩かんでもすむ!」と思いタクシーに近づくとドアが待っていたかのようにスーッと開いた。

Img_8533いつもは助手席側の後ろに座るのだが、なんとなく運転手さんの後ろ近くに座ってしまった。ドアは開いたまま。怪訝そうに運転手さん「お一人ですか?」と聞くので「一人」と答えると、「さっき車を止めた男の人が『ちょっと待っててや』と言ってあっちの方へ行かはったんやけど、お客さんと違うんかなぁ?」と言い出した。示す方向は入口とは反対の方向。「あっそうか。ほな悪いし降りるわ」と言うと、運転手さん「10分以上待ってるし、行きますわ!」と言い出す。「そら悪いし、もうちょっと待と。来やはったら別のん無線で呼んで」と言うがいっこうに現れない。

5分以上たち、痺れを切らした様に「無線違うし行きますわ。何処までです?」と言って運転手さん車を出す。

暫く走った所で運転手さんが、「私は初めてですけど、病院やお墓の近くでたまにこんな事あるって仲間に聞いてます。」と突然言い出した。
「え〜っ、そういうことは、車止めた男の人は・・・・・」
運転手さん、返事をせずに前を睨んでいる。

それから20分間程、隣の空いているドア側のシートの辺が重苦しい雰囲気なこと!

やっと家に着き、降りしな「気付けて下さい!」と運転手さんが言い、「そっちも」と言い返す。

家に帰ると今度は居間から嫁さんがいつもと違う雰囲気で、「えーとこ帰って来たは、怖いねん」と言っている。今度は何かと思い、見ている方を覗くとテレビで「リング(洋版)」をやっていた。
ちょうど「サダコ」が井戸から這い上がって来る場面。

嫁さんの横に並んで座り見てしまいました。

お盆の夏の夜ですね〜。
尚、先の話は嫁さんには怖がるので内緒です。

|

« 「地蔵盆」 | トップページ | フィラデルフィア美術館展 「ルノアールとモネ」 »

コメント

写真がまた怖いし~(笑)。
その病院もなんとなくここじゃないかなあっていうのがありまして・・。もしそこならほんとに古いところですよね。
あの渡り廊下は夜はとても怖いと思います。

お盆のときは怪異も多く起こって、ふだん見ぬ人でも見たりすることもあるのかもしれません。

投稿: はたこ | 2007年8月22日 (水) 09時29分

 ほんまに写真が恐いし~(笑)。

渡り廊下って恐いです。夕暮れ時などは寂し~い雰囲気が漂いませんか?

投稿: ごうやん | 2007年8月22日 (水) 10時25分

はたこさんへ
今は、タクシーの運転手さんに驚かされたかなと思ってますが・・・・・。(どこかでタクシーが行ってしまったと怒っている人がいるかもしれません?)
真実は夏の夜の闇の中です。

病院は方向からして違うと思いますよ。ご安心を。

投稿: 好日 | 2007年8月23日 (木) 07時09分

ごうやんさんへ
写真、怖かったですか?
この写真、実は円山の枝垂桜です。
花が咲いているときはそんなに思わないのですが。そうとう傷んでおりまして、こうやって夕方にシルエットでみると不気味です。
桜自体がもともとなにかおどろおどろしいものを宿していますが・・・。

ちょっとは涼しくなりましたか?

投稿: 好日 | 2007年8月23日 (木) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7626963

この記事へのトラックバック一覧です: 「お盆の夏の夜には・・・」:

« 「地蔵盆」 | トップページ | フィラデルフィア美術館展 「ルノアールとモネ」 »