« 「五山の送り火」 | トップページ | 「お盆の夏の夜には・・・」 »

2007年8月19日 (日)

「地蔵盆」

町内にある「お地蔵さん」を祀り、町内の子供達の平安を願う行事が「地蔵盆」。毎年八月の盂蘭盆会のこの頃、京都の各町内で行われる。

Img_3556家の町内では、17日の夜から準備を始め、18日から19日にかけての2日間、町内あげて行われた。

といっても世話役を担当するのは町内会長等役員の方々と組長の方々14〜15名。

まず17日、お地蔵さんを洗い清めて新しく色を塗りお化粧をし、我町の場合は祇園祭の会所に運び込む。そしてお供え物をし、提灯等を飾り付けて祀る。提灯には町内の子供の名前が書いてある。女の子は赤、男の子は白で、その子が地蔵盆に参加している間(だいたい中学の間まで)は、毎年飾られる。

初日の18日は坊さんによる読経から始まる。昔は「数珠回し」といって町内の子供が、直径2~3メートルの大きな数珠をかこんですわり、坊さんの読経にあわせて順々にまわすという行事があったが、今は子供の数も少なくなり行わなくなった。

それが終わると子供達が「お地蔵さん」の前で遊び出す。家から玩具を持ち寄ったり、世話役の大人達とゲームをしたり、子供のお祭りらしくなる。(といっても今は子供も少なくなり10人位)。

Img_3559_3やがて「おやつ」の時間となる。10時と12時と3時の一日3回。お菓子やら、マクドやら、アイスクリーム等。(このへんは担当する世話役の腕の見せ所。子供の好みにあうものを揃える。)

夜になると、本日のメインイベントの「夜店」が始まる。昔は「盆踊り」なんかもやっていたらしいが、今は場所も無くなり、道に夜店を並べ、キャンプのテーブルなんかをズラーッと並べて町内の路上懇親会。

今回行った催しは、焼きそば、おでん、みたらし、焼きとうもろこし、かき氷、フランクフルト、金魚すくい、串カツ、花火、西瓜割り等。ビール、酎ハイ、ジュース等も飲み放題。

町内の老人やら、子供やら全てが集まって来る。家の町内は約60世帯位とマンションが3軒あるから、約150人位が集まって来る。

今回、みたらし、焼きとうもろこしを担当してたので、焼きましたね〜。約3時間。なんやかんやで400本近くずーっと焼いてました。案外風があって助かりましたが、しかし疲れました。ビールなんか何本飲んでもすぐ汗になります。
みたらし焼くのん、専門家になりました!

翌日の19日はメインは「福引き」。昔は2階から当たった物をザルで降ろしていたのですが、大分前から省略形。会所の入口で籤を引いてその場で渡して行く。
家庭用は日用雑貨やお米、子供は玩具や図書券。老人の方が景品をもらって声をあげて喜んでおられる姿がほほえましい。

昼前にそれを終わり、これで終了。
以後、後片付けと「ご苦労さん会」。やっと長い2日間が終わりました。

中世頃から盛んになった「地蔵盆」。この頃はだんだん簡略化されて行き、3日間が2日間になり、1日になっているところも多くなっている。しかし、町内の子供達の安全を町内全員で願うという気持ちは大事にしたいものである。子供の顔を覚え、町内の親睦を高めるという集まりは、今の世相を考えると逆に必要とされることではないだろうか。

京都の各町内での「チーム地蔵盆」メンバーの活躍は、ごうやんさんはたこさんのブログでどうぞ。

|

« 「五山の送り火」 | トップページ | 「お盆の夏の夜には・・・」 »

コメント

 お疲れ様でございました。

 好日さんの町内はまるで縁日のようですね!楽しそう♪

夜店の翌朝、焼きそばの麺の袋の破りすぎで、親指が痛かったです(笑)

投稿: ごうやん | 2007年8月20日 (月) 09時35分

「チーム地蔵盆」、お疲れさまでございました!
好日さんのお町内の地蔵盆は大規模なんですねぇ。うちはもともと小さいお町内なので、盛んだった頃でも夜店のようなものはありませんでした。

会場は、あそこの集会所ですね。写真に写っている提灯に、「天道大日如来」と書いてあるのですが、大日さんではなくて、お地蔵さんなのですか?

わたしも今年はお地蔵さんのお膳も、性根を入れ替えて作りました。終わるとほっとするような、寂しいような・・・。
またリンクを貼らしていただきましたのでよろしくお願いいたします。

投稿: はたこ | 2007年8月20日 (月) 22時40分

はじめまして、はたこさんの友達「チーム地蔵盆」の端くれのかもめ(もしくは不良妻)と申します。

そちらのご町内の行事を読んで、規模の大きさに驚いています。

ヒラの役員のときはそんなに大変と感じなかった地蔵盆でしたが、会長となると心身ともに疲れ果てました。
我が家は子供がいないので、「こんなんで今どきの子が喜ぶのかなぁ~」と手探りでのお世話でしたが、予想以上に子供達が歓喜の声を上げてくれたので、疲れも半減しました。
大人同士のややこしい人間関係が難でしたが、好日さんの書かれている通り、子供の顔もずい分覚えることができ、いい機会だったと思います。子供達の力関係もわかって(ガキ大将的な子はこの子だなとか・笑)面白かったです。

お互いにお疲れ様でした。

投稿: かもめ | 2007年8月21日 (火) 01時48分

ごうやんさんへ
そちらこそお疲れさまでした。
夜店の中でも、「焼きそば」が一番重労働ですね!
家の町内も2枚の鉄板で焼いたはりました。

子供達も2カ所で食べ比べして、どっちが辛いとかおいしいとか評価してました。
(元気な子は、「もっと甘して!」とか注文付けてましたよ)

でも、親指に負傷は残りましたが、無事に終わってよかったですね

投稿: 好日 | 2007年8月21日 (火) 07時16分

はたこさんへ
家の町内、会所があるためかもしれませんがものすごく「派手」です!近隣の町内間でも有名です。
これも伝統!(役に当たった人は大変ですが)

ここのお地蔵さん(石仏ですが)一枚の岩板に、「大日如来さん」と「地蔵菩薩さん」並んで彫ってあります。だから提灯も「大日如来」と書いてある物や、「地蔵菩薩」と書いてある物もあるみたいです。(お膳も2つあがります)

「地蔵盆」が終わると、子供達は宿題が残ってるみたいです。また、忙しくなりそうですね。しかし朝夕ちょっと涼しくなったと思われませんか?

投稿: 好日 | 2007年8月21日 (火) 07時32分

かもめさんへ
はじめまして。お噂は「はたこさんのブログ」でかねがね読ませていただいておりました。
地蔵盆ごくろうさまでした。今回晴れある「チーム地蔵盆」に御一緒できて光栄です(笑)。

おっしゃるように人間関係がうまくいけばなんとかなるものなんですが、なかなか難しいですね。会長さんは特に大変だと思います。

地蔵盆で知り合った子供達は朝晩会った時に挨拶してくれますし、かもめさんも一躍町内の子供達の仲間に入ったんではないですか?

まぁ、無事に終わりました。シャン、シャン、シャン!

投稿: 好日 | 2007年8月21日 (火) 07時41分

 連絡が遅くなりましたが、リンクさせていただいています。m(_ _)m
いつもありがとうございます。

投稿: ごうやん | 2007年8月22日 (水) 21時07分

ごうやんさんへ
こちらこそ後からリンクを付けて連絡が遅れまして申し訳ございません。

投稿: 好日 | 2007年8月23日 (木) 07時36分

 こんばんは。今日初めて三若神輿会会所前を通って、オドロキ。以前義姉が住んでいたマンションの目と鼻の先でした。好日さんの隣の町内ですね。きっと。

投稿: ごうやん | 2007年8月24日 (金) 21時03分

ごうやんさんへ
たぶんそうだと思います。
会所の前を通られたという事は、家の前も通ってられますね。
今日は町内の武信神社の「子供祭り」で、子供神輿の準備に行って来ました。
(いろいろとイベントの多い町内です(笑)

投稿: 好日 | 2007年8月26日 (日) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7601320

この記事へのトラックバック一覧です: 「地蔵盆」:

« 「五山の送り火」 | トップページ | 「お盆の夏の夜には・・・」 »