« 「大覚寺の名宝」京博特別陳列 | トップページ | 「讃岐うどん」は尾をひくなぁ »

2007年9月14日 (金)

家(うち)のごっつぉ 「南瓜の炊いたん」

南瓜のおいしさはその堅さにあると思います。包丁が入らない程堅いやつほど料理した時甘さが引き立っているような気がします。

Img_3676家ではその南瓜本来の甘味を味わうため、出汁と味醂をちょっと入れてさきにそれだけで炊きます。出汁が半分位になればそこで醤油を少しだけいれます。

そうすると、甘辛くならず、南瓜本来の甘さがでてきます。

炊きあがりのホクホクしたのもいいですが、やはり冷めてお出汁を充分に吸ったのがベストです。

料理屋さんなんかでは、面取りしたのが出て来ますが皮の部分もまたおいしいものです。実の中心部分はとろける様に柔らかく、だんだん皮に近づいていくとほっこりした感じになり、皮の部分がコリッとした歯ごたえの残る感じがし、これらが交ざりあって南瓜本来の味となるって思ってます。

「芋、栗、南京」は女の人の好物のようにいわれていますが、家では私も含め男達が喜んで食べてます。
大体、南瓜のあるときはいつも炊いてますが、やはり秋頃のがもっともおいしい感じがします。

家の定番のおかずです。

|

« 「大覚寺の名宝」京博特別陳列 | トップページ | 「讃岐うどん」は尾をひくなぁ »

コメント

 ウチでは人気薄おかずです。南瓜の炊いたんを食べるのは義母と私だけ、我が家の男子は甘いおかずは嫌いなのだそう。

 砂糖も醤油もほんのちょっと、最近は無水鍋で炊くのでほっこり炊けます。(私はホクホク派です)
南瓜が「当たり」の時はホクホクすぎて「喉に詰まりそう~」です(笑)

投稿: ごうやん | 2007年9月15日 (土) 07時20分

大好物です!
わたしは水とお砂糖、ほんの少しの薄口醤油で炊きます。
そう言えば父は嫌いみたいです。あまりかぼちゃによい思い出がないのかも。代用食とか言ってます。

投稿: はたこ | 2007年9月15日 (土) 22時04分

ごうやんさんへ
男の方には人気ないですか?おいしいのになぁ・・・。
南瓜の冷えたもので、日本酒も飲めますよ。
やっぱり、我家は一家揃って甘党なんかなぁ。

おっしゃるように無水鍋なんかで炊けば、砂糖は無しでもいけそうですね。一回嫁さんと相談してみよっと。

投稿: 好日 | 2007年9月15日 (土) 22時31分

はたこさんへ
南瓜が「代用食」、さすがに私もそこまでは知りません。
私における「代用食」といえば、小学校の給食ででていた「脱脂粉乳」です。あのトラウマはきついです。
いまでも温めた牛乳には抵抗があります。
(冷たいのはなんともありません。)
皆それぞれ良きにしろ悪きにしろある種の食べ物に思い出があるのですね。

投稿: 好日 | 2007年9月15日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/7943816

この記事へのトラックバック一覧です: 家(うち)のごっつぉ 「南瓜の炊いたん」:

« 「大覚寺の名宝」京博特別陳列 | トップページ | 「讃岐うどん」は尾をひくなぁ »