« 「狩野永徳展」京都国立博物館(その2) | トップページ | 「狩野永徳展」京都国立博物館(その4) »

2007年10月28日 (日)

「狩野永徳展」京都国立博物館(その3)

今回の「狩野永徳展」には、最近見つかった新たな2点が展示されている。
1つは「花鳥図押絵貼屏風」。

Img_kanou1Img_kanou2

2004年に見つかった作品で、永徳の初期、10代後半から20代始めの作品であるとされている。
色鮮やかな花鳥画が右雙、左雙合わせて12枚貼られている。全てに「洛中洛外図屏風」と同じ「州信」壺印が捺されている。この印を単眼鏡で見ると、鮮明で、印の状態からみて「洛中洛外図屏風」よりも古い時代の作であることがわかる。
この屏風を見て思う事は、狩野派の「粉本」のこと。
「粉本」とは画の修行の方法で、弟子は師匠や先例の写しを徹底的に練習し、寸分違わない画を書くを求められるという方法。
このため、永徳にしろ山楽にしろ探幽にしろ、初期には師匠の画と同じ画風の画を描く。
この永徳の花鳥画にしても色の鮮やかさは別として、師匠の元信なり古来漢画を写したようである。(実際同じ構図でそっくりな元信の画は存在する。)
名をなした狩野派の画家は、この「粉本」の修行の後各自のオリジナルな部分をあみだして行くわけだが、多くの狩野派の画家は「写し」だけで終わっている。
また、「写し」を基本とするわけだから、実物を写生したわけでない。この永徳の画にしても細かい部分では鳥の足の様子や、鳥の生態、また花の構成等におかしなところがある。
これが狩野派の面白い所でもあり、また限界でもある。
実体の写生に基づく画は、江戸の若冲や応挙等の四条派まで生まれて来ない。

Img_rakugaiusou右雙

Img_rakugaisasou_2左雙

これは2005年に京都の古美術商で同志社大学の狩野教授(発見されたときは京博におられた)がみつけられた「洛外名所遊楽図屏風」。
もとは6曲一双(6面の屏風が一対)であったが、端の2面は金地のみであり、後刻の補正であったので今回、4曲一双の屏風に修復された。
右雙には秋から冬の嵐山を中心とした西山風景、左雙には春から夏の宇治の名所が描かれている。
細かい人物の描写や寺の描き方から見て、「洛中洛外図屏風」と同じと判断され永徳作とされたが印はない。
「洛中洛外図屏風」と新しく発見された「洛外名所遊楽図屏風」の同じ場所を比べると・・。

Imgkanou3_3Img_kanou4_2

これは同じ天竜寺。左が「洛中洛外図」で右が「洛外名所遊楽図」。
山門、禅堂、方丈と3棟の入母屋瓦葺の建物が描かれている。山門の松も同じ様に描かれ特に差異はない。

Img_kanou8Img_kanou6

これは同じ嵯峨の釈迦堂(清涼寺)。左が「洛中洛外図」で、右が「洛外名所図」。
ここではちょっと異なる。門のむいている方向が異なるためわかりずらいが、鐘楼みたいな建物の数が異なる。「洛中洛外図」では1棟だが「洛外名所図」では2棟。それにお寺の雰囲気が「洛外名所図」では華やかな感じがする。うむ〜???

Img_kanou9
Img_kanou5

これは市中の様子。上が「洛中洛外図」で下が「洛外名所図」。
うん、これは家の描き方や、両者左側にいる走り去る人の描き方、また犬の描き方等を見ていると同じ作者と思える。

こうやって比べてみるとなかなか面白いものである。
この「洛外名所図屏風」も興味が尽きない作品である。

*「狩野永徳展」
 京都国立博物館
 2007/10/16〜11/18

この記事の最初へ

|

« 「狩野永徳展」京都国立博物館(その2) | トップページ | 「狩野永徳展」京都国立博物館(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/8648187

この記事へのトラックバック一覧です: 「狩野永徳展」京都国立博物館(その3):

» 特別展覧会 狩野永徳 [美術館放浪]
特別展覧会 狩野永徳 会期 2007年10月16日(火)〜11月18日(日) 会場 京都国立博物館[東山七条] 先日、狩野永徳を見てきました。墨絵から洛中洛外図の細画と呼ばれる細かい絵。そして唐獅子図のような大画まで、これが本当に一人の作家による作品か、と思うほど多彩であった。 久しぶりに美術館で鳥肌が立った。もちろん、「国宝だ」「御物だ」「初公開だ」というミーハー心をわしづかみするキャッチコピー満載ということはあったが、やはりそれにふさわしいものが感じられる。 狩野派..... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 15時55分

« 「狩野永徳展」京都国立博物館(その2) | トップページ | 「狩野永徳展」京都国立博物館(その4) »