« 食在台北 頰落舌踊(帰国) | トップページ | 大晦日 »

2007年12月24日 (月)

「Merry Christmas」

今日はクリスマスイブ。

Img_parma2

といっても、子供達も大きくなり家で特別な事をすることはなくなった。
今週始め旅行に行っていたため、この連休はその後かたづけと年末の準備をやりだす。

ちょっと落ち着いて、いつも楽しませていただいているごうやんさんのブログを覗いていたらなつかしい話が書いてあった。

≪子供がサンタさんの真実を知ってしまう≫話である。

我家には2人の男の子がいて、当然上の方が先にサンタさんの真実に気付き、堂々と親にプレゼントを要求しだした。しかたなく、下の子にもサンタさんの真実を打ち明けて、親の都合上クリスマス前に家族揃ってデパートにプレゼントを買いにいった。
約2時間程かかって玩具を選び、親としては「終わった。終わった。」と思っていたイブの夜、下の子を寝かしつけてると突然「今日はサンタさんがプレゼントくれるんや!」と言い出した。親としてはこの逆襲は予定外で「こないだ、あげたやん!」というと、あれは「お父ちゃんとお母ちゃんの分、今日はサンタさんの分」と言い出した。もう一度説明するが、下の子は「ちゃう。」と言って怒り出す。
何回か、話をしている間に寝てしまった。

しばらく、嫁さんと相談している間に、だんだん下の子が不憫に思えて、結局夜の街へプレゼントのお菓子の長靴を買いに行った。
まだその頃コンビニも多くなく、捜しまわった事を想い出した。

この頃は、家々にイルミネーションを飾り、派手に家でクリスマスをする所も増えている。
いいことだと思う。

家族に関して信じられない様な事件がほぼ毎日と言っても良い位新聞をにぎわしているが、このクリスマスは家族にとって楽しいクリスマスであってほしいなぁ。

みなさんに 「Merry Christmas!」

|

« 食在台北 頰落舌踊(帰国) | トップページ | 大晦日 »

コメント

 何だか胸がキュンとするお話ですね。
弟さんにとって「サンタさんがいない」というのはあまりにも想定外だったのでしょうね。
 
 私は大人がずっと守ってきたものを、「いいひんねやろ?」の一言で認めるのも悔しくて、ああいう言い方をしてしまいました。私こそ子供です(笑)

投稿: ごうやん | 2007年12月25日 (火) 11時59分

ごうやんさんへ
「サンタさんごっこ」、子供も大人も楽しんでいますね。
それが壊れた時、子供達も寂しさを感じるのでしょうが、ある意味で大人達も寂しさを感じるものです。

まあ、子供が大きくなるに連れて節々に訪れる、「巣立ち」というか「親離れ」です。
子供が大きくなってしまえば、親にとってそれも懐かしい思い出です。

投稿: 好日 | 2007年12月26日 (水) 21時35分

クリスマスもはやすぎ、もう年末ですね。
しかし、子どもにとってはサンタさんがいないというのはショックですね。
いないとか、親がやってるとわかっていても、聖域のようなもので、
親から聞かされると寂しい気持ちがしました。

夢は夢のまま、持ち続けたいものです。

今年も、展覧会情報楽しませて頂きました!
来年もよろしくお願いします。

投稿: kodama | 2007年12月31日 (月) 18時42分

kodamaさんへ
クリスマスからお正月へと子供にとって楽しい時が続きますが、大人にとっても新しい年を迎えるワクワク感みたいなものがあります。もうすこしで新しい年が来ます。

今年1年、美しい花のお話ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。

投稿: 好日 | 2007年12月31日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/9558947

この記事へのトラックバック一覧です: 「Merry Christmas」:

« 食在台北 頰落舌踊(帰国) | トップページ | 大晦日 »