« 食在台北 頰落舌踊(九份茶房) | トップページ | 食在台北 頰落舌踊(明福台菜海産) »

2007年12月18日 (火)

食在台北 頰落舌踊(鼎泰豊)

「台北へ行く」と言うと、必ず「鼎泰豊へ行くの?」と聞かれる位有名になった「鼎泰豊」。
今回一緒に言った友人夫妻が初台湾だったので、またまた行って来た。(ここを案内するのは台湾の先輩としてのマナーですよ!)

Img_4581ただ、長い事待たされるのがいやで、3時頃の中途半端な時間に行くと奇跡的に待たずに入店できた。(人気が落ちてきたのかなぁ?)

これが噂の「小龍包」。醤油と酢を混ぜたたれにちょっとつけて、レンゲにのせて生姜をのせてパクッと口の中へ。
熱々にやけどしないように注意しながらゆっくりと噛み潰していくと、中からピューッとあの肉汁が。
あ〜っ、おいしい。口の中にひろがるコクと旨味。

友人はこの時のため、出発直前京都の高島屋の「鼎泰豊」へ小龍包を食べに行って来た。
「どうや?」と聞くと、「ちゃうね〜。別もんや!」と言ったっきりモクモクと食べている。
「そやろ、ゆうた通りやろ!」とこちらもしたり顔してモクモクと食べる。

Img_4582Img_4584

左は「菜肉蒸餃」。青梗菜(だと思う)と豚肉の蒸餃子。ちょっと大きめだがあっさりしてこれもおいしい。

右は「糯肉焼売」。もち米と豚肉を詰めた焼売。なかなか上品な味。

Img_4586Img_4587左が京都の店と最も違うとおもってる卵チャーハン。
小龍包もおいしいが、ここの卵チャーハンもたいしたもの。この軽さがなんともいえない。

右はデザートとして注文した「豆沙小包」。小豆自身の甘さでつくった餡のはいった小龍包?
自然の上品な甘さがいいなぁ。

噂によると、この「鼎泰豊」に負けず劣らずな小龍包を食べさせる店が幾つも有ると聞く。
う〜ん、台北恐るべしである。何回来なくてはならないんだろう?

|

« 食在台北 頰落舌踊(九份茶房) | トップページ | 食在台北 頰落舌踊(明福台菜海産) »

コメント

確かに高島屋のとは別物って感じがしますよね。
私は開店時間と同時に行ったので、やはり待たずに入れたです。
カニの玉子が入ったやつ、味が濃厚でいっぱいは食べられませんが、いまだに「旨い」印象が残ってます。
でも、そこらの屋台で食べた焼き餅も旨かったなぁ。台湾屋台はレベルが高い!

投稿: ぽん | 2007年12月23日 (日) 16時46分

ぼんさんへ
台湾屋台はレベル高いです!
そのおかげで、朝早くから歩道に椅子を並べてやっているお粥の店に始まり、10時・3時のスィーツ、夜食の牛肉麺まで、ほんまよう食べましたは!
ただ、あの臭々豆腐だけは遠慮しましたけれどね。

投稿: 好日 | 2007年12月23日 (日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/9521119

この記事へのトラックバック一覧です: 食在台北 頰落舌踊(鼎泰豊):

« 食在台北 頰落舌踊(九份茶房) | トップページ | 食在台北 頰落舌踊(明福台菜海産) »