« 「大いなる時をこえて」MIHO MUSEUM(北館) | トップページ | 世のお菓子好きへ!「大竹茂夫展」 蔵丘洞画廊 »

2007年12月 2日 (日)

「紅赤、唐紅、茜、緋色、猩々緋」京の秋

師走になったといえども、京都はいま紅葉の真っ盛り。どのお寺も、神社も、山々も紅葉の錦におおわれている。初夏の新緑、夏の煌めく陽の光、初秋の抜ける様な青い空、ありとあらゆる季節の色が織り混ざって今、紅赤、唐紅、茜、緋色、猩々緋等の錦となっている。

京大の近くで用が有り、間に2時間程空いたので「黒谷さん」から「真如堂」へ廻ってみた。有名観光地とは少し離れたところだが、みごとな色づき具合である。

では、その様子を御覧あれい。

Img_4284Img_4290Img_4294Img_4312Img_4318Img_4324Img_4336Img_4341
Img_4346Img_4343Img_4366Img_4369

こうしている間にも釣瓶落としの晩秋の陽は西山に沈んで行き、あたりは大分暗くなって来た。
そろそろ戻ろう。

「山暮れて 紅葉の朱を うばひけり    蕪村」

|

« 「大いなる時をこえて」MIHO MUSEUM(北館) | トップページ | 世のお菓子好きへ!「大竹茂夫展」 蔵丘洞画廊 »

コメント

お誘い頂きありがとうございます!
あー…すばらしいです…
写真だけでもほんと美しいです!
私もこんな色彩の只中に立ってみたいなあって思います!
紅葉の最後の時期にすべりこむように京都にいければなあって真剣に思います!!

投稿: はな | 2007年12月 4日 (火) 20時47分

はなさんへ
少しは癒されましたか?
元気をだして、強気に押して下さい。

プロジェクトの成功を祈ります。

投稿: 好日 | 2007年12月 4日 (火) 22時13分

うちもここらへ行ってきましたので、
遅いながらもTBに参りました~

今年はちょこっと訪問遅いながらも、
あぁ、なるほど、この色が噂の真如堂の赤なのね~
と紅葉の色の美しさにうっとりしてきました。

しかし、J○東海で有名になる前の真如堂へ
行ったことないのが、残念。さぞ贅沢だったろうに。

投稿: kodama | 2007年12月12日 (水) 00時41分

kodamaさんへ
桜は色々な場所へ見に行きますが、何故か紅葉は定番の場所です。真如堂とか今熊野の観音さんとか、あと数カ所位です。
確かに、真如堂も広告に載ったりして、今年は人が多い様な気がしました。でもちょっと時間をはずすとまだまだ楽しめる所です。
真如堂から黒谷の墓地を抜ける道は人通りも少なく、まだまだ昔のままですよ。

投稿: 好日 | 2007年12月13日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/9229438

この記事へのトラックバック一覧です: 「紅赤、唐紅、茜、緋色、猩々緋」京の秋:

» 真如堂の紅葉 [京都みてあるき]
ここは一昨年行ったところだったのですが、その年は実力が発揮されていなかったので リベンジに行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2007年12月12日 (水) 00時41分

« 「大いなる時をこえて」MIHO MUSEUM(北館) | トップページ | 世のお菓子好きへ!「大竹茂夫展」 蔵丘洞画廊 »