« 食在台北 頰落舌踊(淡水) | トップページ | 食在台北 頰落舌踊(九份) »

2007年12月16日 (日)

食在台北 頰落舌踊(好小子海鮮)

この店にはメニューは無く、値段もすべて時価ということなのでちょっと旅行者には行きにくい店なんですが、ものはためしと行って来ました。

Img_4628台湾の中華料理をみていると、主として北京、湖南、上海、台湾の料理においしいものが多い様に思える。(どれが湖南で、どれが台湾かという判断はつかないが、今まで行った料理店に書かれている名前から判断すると・・)。

特に台湾系の海鮮料理は、そんなに凝った料理ではないが、材料の素材を壊さずに料理されているので何を食べても好みである。
だから、素材の良し悪しで料理が決まってしまう部分も多い。

Img_4630この店は、表にある陳列台から店の主人と相談して材料を選んでいく。

店の主人の言葉はわからないが、順々においしいものを指差してくれるので、それを選びながら「揚、蒸、炒、生」等の料理方法を決めていく。

今回選んだのは、「ワタリガニ」を「蒸」で、「トコブシ」を「炒」で、「イシモチ(見たいな魚)」を「揚」で、「シジミ」を「生」で頼んだ。
この様に書くとかっこいいが、実際は適当に順番に言われることに「イエス、ノー」を言ってるだけ。
Img_4621これは「しじみの醤油漬け」
生のシジミに醤油とニンニクのたれをかけたもの。
他のメンバーは生ということで遠慮した者もいたが、まあ「どうもないやろ?」と食べてしまった。

日本の醤油とは少し異なり、ちょっと塩気と辛味が強い様な感じがする。多分紹興酒も入っているんだろう。ニンニクは大振りだがたれにあじは滲みている。生姜の味も少しする。

シジミはどうして口を開くのかなと思って箸をつっこむと、パ〜ッと開くのと、やはり堅く閉ざしているのがいる。開いているのを選んで食べると、ネチャーとした感じとたれの味がまず口中にひろがり、クチャクチャしてるとしじみの味がジワーッとしてくる。なかなか後を引くおいしさである。

Img_4622これは何故か出て来た「蝦の茹でもの」。

「誰か頼んだ〜?」とメンバーに確認するが誰も頼んでない。しかし、出て来たものは食べるのがモットーの我々は黙って食べる。(しかし、最後のレシートをみるときっちり点いていた!)

これは普通の蝦。たれは先程のしじみと同じ。
プリプリ感がおいしい。

Img_4623これは「トコブシの炒めたもの」。

トコブシは日本なら煮たものが多いが、これはサーッとオイスターソース系のソースで炒めただけのもの。トコブシ自身の味がしっかりと残り、熱々の状態でたべるとおいしい。

この店のソース、ワンパターンの味だがなかなかいい味がする。単に醤油だけでなく、紹興酒、生姜、大蒜等いろいろとまざっている感じ。
炒めた後のソースをチャーハンにかけて食べるとおいしかった。

Img_4625「蟹の蒸し物」。

そんなに大きな蟹ではなかったので、4人で食べるとものたりなかったが、まぁこんなもんでしょう。

これは料理方法を間違がったな。揚げた方がおいしかったかもしれない。

あと、「イシモチの甘酢あんかけ」はおいしかった。魚の鮮度がよかったので、白身のさっぱり感とたれの甘酸っぱさがマッチしておいしい。揚げ方もちょうどよく、背びれや皮なんかもパリパリしてよかった。

確かに、材料の良さは文句はないが、料理方法はちょっと単調。食べる方がもっと勉強しておかなければもったいないなという感じがした。

|

« 食在台北 頰落舌踊(淡水) | トップページ | 食在台北 頰落舌踊(九份) »

コメント

台湾旅行いいですね~!!
うらやましいです!どれもおいしそうだし。
アジアエリア(中華圏が多いのかしら)のこういう食材を選んで調理してもらうお店は、お店の人もこちらもあやしげな日本語・そこの土地の言葉・英語のちゃんぽんで気合でコミュニケーションしてなんとかなっちゃうんですよね。商売する気迫というものはすごいと思います。
堪能されたようで何よりです!

投稿: はな | 2007年12月22日 (土) 11時59分

はなさんへ
堪能して来ました!
今回の台湾旅行は、なるべくタクシーを使わず、ひたすら鉄道や歩きで回って来ました。その分、普通の人達とコミュニケーションする事も多く、ひさしぶりでおもしろい旅行でした。
特に台湾の人たちは(運が良かっただけかもしれませんが)親切で優しい人が多かった。ある時期の日本の社会みたいな雰囲気を思い出しました。
こういう旅を続けたいですね。

投稿: 好日 | 2007年12月22日 (土) 23時26分

あーエエですねぇ、台湾!
また行きたーい。

シジミの醤油漬け、家でも作れますよ。
シジミを沸騰してないお湯(焼酎を加えて、アルコールで殺菌する)に浸けて、半煮えで口をうっすら開かせます。パカッと開くほど煮るとマズイ。
紹興酒と醤油半々、五香粉・タカノツメ・ニンニクを混ぜて一煮立ちした汁に漬けて冷やすだけ。大ぶりの、宍道湖のシジミまたはアサリでやると旨いっす。漬け汁は炒飯に使うとこれまた旨い。

投稿: ぽん | 2007年12月23日 (日) 16時43分

ぼんさんへ
ありがとうございます。早速嫁さんに教えて作ってもらいます。またその結果はブログでお知らせします。
漬け汁の炒飯おいしそう!
思っただけでもよだれが出て来そう。(ズズズーッ)。

投稿: 好日 | 2007年12月24日 (月) 16時48分

はじめまして。ユートラベルノートの朝井と申します。

「ユートラベルノート」とははいろんなブログや情報を集めたサイトです。
また「トラベルノート」とは、いろんな情報をたくさんの方が見たり、書いたり、共有したり、意見を交換したりできる場所です。
現在、ユートラベルノートでは「韓国」からのいろいろな情報を発信し、皆さんの情報をもとに「トラベルノート」を作っています。この度、韓国だけでなく、全世界に関する情報を発信する準備をしており、連絡させて頂きました。

貴方の大切なブログ記事をユートラベルノートに掲載してみませんか?
感謝の気持ちを込めて、ささやかながらプレゼントも用意させていただいています。
貴方のブログへのアクセスアップにもつながるかと思います。
ぜひ一度、遊びにきてください。

ブログリンク設定ページへ
http://www.utravelnote.com/member/gather/blogPermitForm.html

投稿: ユートラベルノート | 2010年1月28日 (木) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/9514718

この記事へのトラックバック一覧です: 食在台北 頰落舌踊(好小子海鮮):

« 食在台北 頰落舌踊(淡水) | トップページ | 食在台北 頰落舌踊(九份) »