« 「鏑木清方の芸術展」 美術館「えき」 | トップページ | 片岡球子さんを偲ぶ »

2008年1月24日 (木)

家(うち)のごっつぉ (東坡肉)

12月に台北に行って極品軒の東坡肉に打ちのめされてから、嫁さん俄然「東坡肉」に目覚め、何回となくチャレンジしている。

Img_4876最初の頃は肉がボロボロになったり、たれが甘辛かったりしたが、試行錯誤を繰り返し(といっても3回目だが・・)今回やっとなかなか良いのができた。

肉もしっとりとし、大分とろける様な感じに成って来た。たれも煮詰めた様な甘辛さではなく、いろんな香辛料や肉の旨味が複雑にまじった味になって来た。

作り方はまず三枚肉を白ネギと生姜といっしょにアクを取りながら茹でる。
次に醤油と紹興酒のたれにつけこみ充分に絡める。
今までの試行錯誤の結果この漬込みが難かしいらしい。

漬けた肉をブロックに切り分けて、今度は焼く。まんべんなく全体を色付ければ良い程度。

最後に先程のたれに砂糖を入れて、紹興酒や生姜汁や八角なんかをいれて肉を煮込む。
ゆっくりと弱火で2時間程煮込むそうだ。

肉が煮込めたら、残りのタレにまた味を整え、片栗を混ぜてとろみを付けてかけるたれをつくる。

柔らかく、ホロッとした肉に、生姜や八角や甘味の効いたタレがからみなかなかの出来。

まだまだ「極品軒」には遠いけれど、まずはベースと成る「東坡肉」は出来る様になった。

さあ、これから我家風の味付けをまた試行錯誤でやっていく。
その結果は、またこのブログでお知らせします。

|

« 「鏑木清方の芸術展」 美術館「えき」 | トップページ | 片岡球子さんを偲ぶ »

コメント

 正月に食べ過ぎて、ひとりで「腹八分目推進委員会」を立ち上げている私には目の毒です(笑)

 肉を醤油と紹興酒に漬けこむ時間はどれくらいですか?

投稿: ごうやん | 2008年1月25日 (金) 10時09分

ごうやんさんへ
同様に、私も「腹六文目推進委員会」を作らなくてはならない状況です。
それでも、出されたものは食べなくってわ!(笑)

漬こむのは豚肉が冷えてからがポイントで、
1時間位、時々ひっくり返して漬けるみたいです。
一度、ブスブスと串をさして漬けましたが、肉の中までたれがまわってしまい、肉本来の旨味が消えました。
単に漬けとくだけの方が美味かと思います。

投稿: 好日 | 2008年1月25日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/10042160

この記事へのトラックバック一覧です: 家(うち)のごっつぉ (東坡肉):

« 「鏑木清方の芸術展」 美術館「えき」 | トップページ | 片岡球子さんを偲ぶ »