« 京の「節分」 | トップページ | 「V&A浮世絵名品展(その1)」 神戸市立美術館 »

2008年2月 9日 (土)

雪、雪、雪が振る

この冬初めての雪です。
京都といっても北の方は、何回か積ったみたいですが中京は今日が初めてです。

Img_4991午前中は降ったり止んだりという感じだったのですが、昼からはずーっと降ったままです。

昔は京都も案外雪が降ったのですが、最近は温暖化のせいか、これほど激しく積る様に降ったことはあまり記憶にありません。

いくつか行かなければならない用事や、行きたい所も有ったのですが、どうしようかと迷っている間に庭が真っ白になって来たので、はずせない約束を除いてそれ以外は結局取り止め。

雪が小降りになった時をねらって「地下鉄二条城駅」へあわてて行きました。

Img_4996これはその途中にある神泉苑の様子です。

垣根の山茶花も雪に埋もれていました。

真っ白な雪の中に薄紅の花が顔を覗かしている様子も風情のあるものです。

街中も、歩く人も少なく静かな様子です。

車も急な雪に戸惑うかの様子で、ゆっくりと走っています。

Img_5030神泉苑を抜けて二条城の堀端を進むと、いつもは観光客でにぎわう二条城も吹雪の中に霞んでいました。

地下鉄に乗ると、なんとなく横に居た3人の女の人達の話が聞こえて来た。どうも今から南禅寺へ行くみたい。「南禅寺、雪でも見られるかな?」とか。「今日行かなければ、明日はいかれないし・・」というような会話が聞こえて来る。
そう言えば、今日から3連休。冬の京都を楽しむため多くの観光客がこられているだろう。
しかし、この天候はきつそう。みなさん、えらいなぁ!

自慢じゃないが、私なんか無精だから「雪の金閣寺」「雪の清水寺」を今だ見た事が無い。

こういう日は、早く帰ってストーブの前で蜜柑でも食べながら、本読んでるに限ります。

|

« 京の「節分」 | トップページ | 「V&A浮世絵名品展(その1)」 神戸市立美術館 »

コメント

神泉苑も二条城も、雪でいっそう美しいですね。
私も一週間前は京都だったのに~。
どうも私は雪の京都には出遭えないようです。

5年くらい前のお正月、二条城で大雪に遭いました。
江戸時代のセットのような錯覚に陥りました。
雪は、時間を大きくバックさせる力がありますね。

投稿: nao-mi | 2008年2月10日 (日) 21時25分

nao-mi さんへ
節分は京都で楽しまれたのですね。
立春からしばらくは、京都も暖かく、空の色も光溢る様な輝きを持っていましたが、週末に近づくにつれ真冬に戻りました。
三寒四温とはよくいったものですね。

おっしゃる様に、舞い落ちる雪に煙る京都の街中は、ちょっと小路にはいると昔ながらの様子です。その様子を見ていると、雪が降ったからといって喜ぶ歳ではないですが、なにか子供の頃の気持ちがよみがえって来ます。

雪の京都もいいものです。

投稿: 好日 | 2008年2月10日 (日) 23時35分

私も行ってきましたよ~
夕方だったので、ちょっと写真にノイズがのりましたが。
土曜に銀閣・神泉苑
日曜に浄瑠璃寺・岩船寺と
珍しい雪景色を楽しみました。

それにしても、神泉苑は綺麗ですね!
人も来なくて、よかったです。

投稿: kodama | 2008年2月11日 (月) 01時16分

kodamaさんへ

神泉苑までこられたのですか?
家までこられたら温かいぜんざいでも差上げたのに・・(笑)

雪の神泉苑、朱色の法成橋がきれいでした。
ただ、アヒルだけが寒そうにしていましたけど。

この厳しい寒さを乗り越えると、もうすぐ桜の季節になりますね。今年はどの辺りをねらっておられるのですか?
また、よろしくお願いします。

投稿: 好日 | 2008年2月12日 (火) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/10376499

この記事へのトラックバック一覧です: 雪、雪、雪が振る:

» 神泉苑の雪景色 [京都みてあるき]
もう夕方でしたが、神泉苑に行くかどうかは、三条で様子をみて…ダメで元々と 思いながら、駅近やし、行ってみることに。 [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 01時34分

« 京の「節分」 | トップページ | 「V&A浮世絵名品展(その1)」 神戸市立美術館 »