« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の2件の記事

2008年3月 3日 (月)

「涅槃図と花供曽(はなくそ)」 真如堂

3月は「涅槃会」ということで、京都のあちこちの寺院で「涅槃図」が御開張になる。

これは真如堂の「涅槃図」。

Img_nehannzu1お釈迦さんが亡くなったのは旧暦の2月15日。インドの跋提河(バツダイカ)という河のほとりの沙羅双樹の林の中で涅槃にはいられた。多くの弟子や菩薩、そして多くの生き物がそれを悲しんでいる様子を涅槃図は描いている。

この真如堂の「涅槃図」は、江戸の中頃の作で、三井家から寄進されたもの。
高さが10メートル、幅が6メートル位の巨大なもの。この3月の涅槃会の時だけ本堂に掛けられる。
他の「涅槃図」と比べ、時代が新しいだけあって、色合いが奇麗にのこっており、その分迫力が有る。

涅槃図の定石通り、右上には釈迦の臨終に立ち会う為、天上から雲に乗って駆けつける母摩耶夫人、そして煌々とその様子を照らす満月。釈迦の寝台の周りには8本の沙羅双樹。釈迦は右手を枕にして静かな表情で横たわり、その枕元にはそれを静かに迎える菩薩達。寝台の前や後ろでは仏弟子達が、あたりをはばからず号泣している。仁王さんも泣いている。なかには哀しみのあまり踊り出している者もいる。

大外には、いろんな動物や魚達。象もいれば獅子もいる。虎も猿も孔雀も鶏も泣いている。そして河からは、鯛も蛸も亀も悲しんでいる。皆んなが嘆いている。

題材としては、そういう嘆き悲しむ画なんだが、実際見てみるとそんな感じはまったくしない。各々の嘆く表情などがバライティーにあふれ楽しめる画である。

「涅槃図」も描き始められた平安の中頃は、「釈迦の死」ということがテーマとなり、浄土へ旅立つ釈迦のすがすがしい姿を現すものであったが、鎌倉から以降は、主として釈迦の死を悲しむ事により功徳を積むという面が表にでるようになった。時代を経るに連れて、より現世の功徳をあらわすようになってきた。
現実的になった分だけ、画としては面白いんですけどね。

Img_5131これは、参拝の人にお裾分けされる「花供曽(はなくそ)」というお菓子。
ご本尊に供えたお正月の鏡餅を細かく切って焼き、黒砂糖をまぶしたもの。

名前だけを聞くと、どうしても大仏さんのあの大きな鼻の穴を思い出しますが、漢字をみるとなるほどなと思います。

でも何となくリアル!

味は、うっすらと甘さを感じる上品な感じです。

桃の節句が過ぎて、奈良のお水取りが終わり、涅槃会も過ぎ、お彼岸となると春がやってきます。

帰り道、嫁さんが鼻歌を歌ってました。
「♪ もうすぐ は〜るですねぇ こいをしませんか ♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

「弥生、3月」

目を覚ますと、窓の外から久し振りの明るい陽の光が差していた。
何処かの木々の間から、軽やかな鳥の鳴き声が聞こえる。
庭に出ると、朝の空気の中に2月の身を縮みさせる厳しさの替わりに、春を待つなまめかしさのような暖かさを感じる。心地よい朝だ。
それに今日は日曜日。

昼前から暖かさに誘われブラブラと散歩に出た。何処へ行くともなし、目的も無く春を待つ街の様子をうかがいに。

Img_5122御所まで行くと、久し振りの晴れ間を楽しむかの様に多くの人と犬が集まっている。

そんな犬達、見ていると半分くらいが服というかカバーを着ている。特に小型犬には多い。
以前はその割合は少なかった様に思う。着ている犬達もなんか気恥ずかしそうに着ていた様に見えていた。ところが今や、何の恥じらいも無く堂々と着ている。

それをベンチに寝ている野良猫が哀れな者を見るかの様に横目で見ている。逆に犬達は見せびらかす様に猫に寄っていく。それを見て猫は無視するかの様に、のそっと茂みの中へ消えていく。

なかなか面白い光景である。

Img_5125梅はこの2月の雪に驚いたのか、開花は大分遅れている様子。

所々、咲いている木もあるが、まだ蕾のものも多い。
しかし、梅林にはいると梅の香が漂って来る。
強い香りではないが、そこはかとなく香り、春がそこまでやって来ていることを知らせようとする。

白い梅は、雪の替わりに花の季節になった事を告げるかの様に、紅い梅は、木にまとわりつく冬をふりはらうかのように咲いている。

しばらく出水の小川の側に立ち止まり、流れる水の様子をながめていると、突然日の光の様子で小川の水の色が奇妙な色に輝くことがあった。

空を眺めると、不思議な形をした雲がすごい勢いで東の方へと流れていく。
空の青さは、2月の澄み切った色ではなく、すこし薄く穏やかな感じを増している。

弥生、3月、春を待つ季節である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »