« 京都 桜逍遥08(堀川寺之内界隈) | トップページ | 京都 桜逍遥08(大覚寺) »

2008年4月12日 (土)

京都 桜逍遥08(堀川寺之内界隈)


「 桜色に 衣は深く 染めて着む 花の散りなむ のちの形見に」


古今和歌集 紀有朋

Img_5357

週末の雨で、ソメイヨシノ系の桜は大分花を落してしまったが、八重桜系はまだしっかりと花をつけている所が多い。

この堀川寺之内あたりには、隠れた桜の名所が集まっている。
雰囲気的にも表千家の不審庵や裏千家の今日庵があり、落ち付いた風情がひろがっている。桜もしっぽりと落ち着いた感じ。

今日庵の門に面した「本法寺」。尾形光琳の菩提所でもある「妙顕寺」。ちょっと上(北)へあがった「火水天満宮」。堀川を渡って西陣の町並みを通っていくと「雨宝院」。南へ下がって「白峰神社」とそんなに観光化されていない穴場が続く。

京都の桜も、最近はまわりにカメラの三脚がずらりと並び、花にも近づけない様な状態が多いが、このようにポカンと桜を眺めていられる場所は大事にしたいものである。


|

« 京都 桜逍遥08(堀川寺之内界隈) | トップページ | 京都 桜逍遥08(大覚寺) »

コメント

あの時のお出かけはここだったんですね。うらやますぃ~

投稿: ぽん | 2008年4月14日 (月) 00時43分

ぼんさんへ
はい、あの日寺之内の方に用が有り、それが終わった後あの辺りをぶらぶらと巡っていました。

あの日、「ぱる」君一匹を連れて散歩しておられるのを見て、ああ「ブンテ」君は亡くなったのだなと思い出しました。

また、ボチボチ書き出しますので、宜しくお願いします。

投稿: 好日 | 2008年4月15日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/20173633

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥08(堀川寺之内界隈):

« 京都 桜逍遥08(堀川寺之内界隈) | トップページ | 京都 桜逍遥08(大覚寺) »