« 家(うち)のごっつぉ (筍) | トップページ | 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その1) »

2008年5月25日 (日)

祇園祭あれこれ08 (御田祭)

今年もそろそろ祗園祭の準備をはじめる頃になった。

その最初の行事として、神輿に飾る「お稲」や八坂神社の注連縄用の稲を植える「御田祭」が、京丹波町下山の「神撰田」で行われた。

Img_6269

昨夜までの激しい雨も明け方には小振りとなり、神事が行われる10時頃には北の空の向うに、青空が顔をのぞかせる様子になってきた。

この下山にある「下山八坂神社」の神主さんによる祝詞が終わると、山間の水を張られた田圃の上をお神楽の音が流れて行く。そして、白の装束に菅傘をかぶり赤のたすきを掛けた早乙女達により、今年の「お稲」が植えられて行く。

平安時代に神輿渡御の様子を書いた「中右記」の中に、御霊会の行列に参加する者に「種女」と呼ばれる女達が居た事が記されている。これらは田植の早乙女の格好をした女達のことで、ちょうどこの早乙女の様であったと思われる。

田植えが終わると、「神撰田」の横で、「獅子舞」が奉納される。

Img_6294

「獅子舞」も神輿渡御には付き物の出し物であったらしく、後白河法皇が作らした「年中行事絵巻」に神輿の周りを舞い踊る「獅子舞」が描かれている。

神輿の周りの悪邪を払うため舞い踊っているのである。

「御田祭」でも、田の周りの悪邪を払い、稲の順調な育成を願い二匹の獅子の舞が奉納されている。

Img_6290

このような「獅子舞」も、子供の頃はお正月に門付に着ていたが、もう長い間、見る事も無くなった。

子供心に、怖かったがなんとなく「獅子舞」が来なければお正月が何か寂しいような気がした事を覚えている。


Img_6309

お正月の獅子舞も舞いが終わると、周りに居た子供達の頭を噛んでくれた。

そうすることで、一年の子供の「無病息災」を願っていた。

ここの獅子も、祭りを観に集まって来た子供達の頭を噛んでいる。初めての子や小さい子供は逃げまどっていたが、毎年噛んでもらっている子は、くすぐったそうな声を挙げて頭をさしだしている。

今年一年元気でいられるよ!

こうして、いろいろと祭りに携わっていると、神輿渡御や鉾の巡行だけでは見られない、祗園祭の姿が見えて来る。奥の深い祭りである。

さて、また忙しく大変な2か月が始まる。がんばらなくては!

|

« 家(うち)のごっつぉ (筍) | トップページ | 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その1) »

コメント

好日さん、こんばんは。

祇園祭は7月1日から始まるのかと思いきや、
もう5月のうちから準備が始まっているんですね。

もうすぐ稚児さんの発表もあるのでしょうか。

今年は宵山も巡行も平日ですね。残念です。
「鉾建て」や「曳初め」を見に行ければと思っています。

投稿: nao-mi | 2008年6月 1日 (日) 22時08分

nao-mi さんへ
祭りに参加される方々(見に来られる方々も含めて)が多いだけに、準備も早くから始まります。
毎年、狂言が終わるとすぐに始まり、お盆前まで続きます。
(春先から夏まで、休む暇ありません・・・。)
まぁ、好きだからしょうがないですけど。

お稚児さんは6月10日頃かなぁ。
6月の15日は八坂さんの例祭だし。
このようにして段々と祭りの雰囲気が盛り上がって来ます。
7月17日、24日は平日ですが、祭りの雰囲気が味わえる時に、ぜひいらしてください。
お待ちしてます。

投稿: 好日 | 2008年6月 2日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/21206211

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭あれこれ08 (御田祭):

« 家(うち)のごっつぉ (筍) | トップページ | 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その1) »