« 家(うち)のごっつぉ (讃岐うどん) | トップページ | 神泉苑大念仏狂言 「桶取」 »

2008年5月 2日 (金)

「新緑遊行 東福寺」

紅葉で有名な東福寺、今新緑が奇麗です。
紅葉の頃には多くの人達で溢れかえる通天橋も、今は若葉の海にかかる橋のようです。

この東福寺、京都のお寺には珍しく、桜の木が見当たりません。
そのため、春に訪れる人達も少なく静寂とした禅宗のお寺の雰囲気が戻ります。

それにしてもこの季節、紅葉の若葉の色は本当に美しい色です。
一枚、一枚は、少し薄い緑色なんですが、それが何枚も重なりあって複雑な色合いを作り出します。

滴る緑とでも言うのでしょうか。
気持ちまでが若葉の色に染まる様な気がします。

Img_5677Img_5686

Img_5696Img_5711

|

« 家(うち)のごっつぉ (讃岐うどん) | トップページ | 神泉苑大念仏狂言 「桶取」 »

コメント

桜の木が無い東福寺、『潔さ』を感じます。
この時期どうしても、「花よ、花よ。」と動いてしまいますが、
新緑を愛でるのもいいですよね。若い力があふれていますね。

投稿: nao-mi | 2008年5月 5日 (月) 14時13分

nao-mi さんへ
桜は花と同化すると言う感じがしますが、この一面に広がる若葉のなかにいると生きている力みたいなものが心に広がる気がします。

日々に移ろって行く季節や出会う美しいものから、その時々に感じる気持ちや授かる力を大切にして生きて行きたいものです。

投稿: 好日 | 2008年5月 6日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/20718975

この記事へのトラックバック一覧です: 「新緑遊行 東福寺」:

« 家(うち)のごっつぉ (讃岐うどん) | トップページ | 神泉苑大念仏狂言 「桶取」 »