« 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その5) | トップページ | 「うつわ考」 京都市美術館 »

2008年6月12日 (木)

「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その6)

桃山から江戸の初めの風俗画というのは、豊暁で華やかな魅力ある画であるが、暁斎も見事にそれを描いている。

Img_kyousai62Img_kyousai61
河鍋暁斎 「大和美人図屏風」

艶やかな、しかしその中に気品がある画である。
色使い、構図、そして細かい表現と3拍子そろった画である。

右側に描かれている遊女を見ると、憶い出すのは風俗画の名品として知られる「彦根屏風」に描かれた遊女。

Img_kyousai63画としては異なった姿勢を見せる二人だが、立ち振る舞いや兵庫髷の形、整った顔、全体の雰囲気から受ける印象は似通っている。

教養があり、気品が有り、そして今でいう空気の読める女の様子が両者ともよくでている。
女の描き方としては土佐派の感じがするなぁ。

彦根屏風では画中画として描かれている屏風の画が「山水画」であったが、暁斎の画では「四季耕作図」になっている。

両方の画題も狩野派が得意としているものである。
その画中画を観ても暁斎が優秀な狩野派の画家であったことがわかる。

そしてこの右側の画で感心するのは空間の描き方。じっくりと見ると畳の縁が平行になっていない。手前から奥に向かって末広がりに歪んでる。こうすることによって奥の屏風に描かれている田園風景が広がったものに感じられ、画の奥行きがと広がり増していく。
障壁画が多く手がけた狩野派があみだした手法なんだろう。このへんうまいなぁ!

左側の女は、なにか中性的な感じがする。ちょうど風俗画の終わり頃によく描かれた「遊女図」や、初期の浮世絵である菱川師宣らの画と通じるものがあるように観える。

そして、左側の画の奥に描かれてある布でできた間仕切りのようなものは、風俗画屏風の「誰が袖屏風」を憶い起こす。

狩野派、土佐派、初期浮世絵の手法をうまくとりいれた暁斎の優品である。

いまはくすんだ色合いの17世紀頃の風俗画もこの暁斎の画のようにきらびやかでかつ華やかなものだったのだろうな。

次は「見立七福神内 花見弁財天図」

Img_kyousai64Img_kyousai65_2

暁斎の画は抱一を憶い出すたらし込みの手法で描いた桜の木の陰から、美人が空を見上げる後ろ姿を描いている。そして弁財天を見立てる為に、画の真中に四角の空を切り出し、弁財天を象徴する琵琶を描いている。

これを見て憶い出したのが池田満寿夫の「ブタペストからの自画像」。
同じ様に空を切り出している。(池田の画は立体の空だが。)

池田が暁斎の画を知っていたかどうかはわからないが,暁斎の画が現在の版画に結びつく所がすごいと思う。
池田の画が、何を見立てているのかはわからないが、池田はある時期この立方体に切り出した空のモチーフを多用している。池田としてみれば、この立方体を描く事で、画の中に異なった空間(世界)をもちこみそれが逆に自画像のリアル感を強調する効果を願ったのではないだろうか。

暁斎においても特異な見立てを画中におくことで、桜と美人を引き立てる様な効果を描いたのではなかろうか。

時代を超えて、二人の画家が同じ様な特異なモチーフを使っている事を見つけ、面白さを感じる。

何回かに分けて書いて来たが、暁斎の画には平安時代の絵巻から、室町時代の山水画、住吉派、土佐派、浮世絵、もちろん狩野派等のそれまでの日本絵画のエッセンスが凝縮されているし、また暁斎以降の近代日本画や近代美人画、そして現代絵画になにがしかの影響を与えていると思われる。

その暁斎の画から強く感じられるのは、暁斎の画に対する確固した自信である。揺らぐ事の無い信念である。

西洋から見た場合、中途半端に西洋の手法を取入れた画よりも、暁斎の画のように日本画の様式に対して確固した自信がある絵に魅力があるのだろう。それが西洋で人気の出た理由だと思う。(やはり、西洋画の本場は西洋ですからね!)

「泣きたくなるほど、おもしろい」とつけられたこの展覧会のキャッチコピー、それは暁斎の画にある奇抜さや、おどろおどろしさだけではなく、画からはみだす強烈な信念に対して付けられたものだと思う。

|

« 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その5) | トップページ | 「うつわ考」 京都市美術館 »

コメント

大長編ですごいです。
熱意がこもってますね。

ほんまに面白い展覧会でしたよね。キャッチコピー…私は、どうしょうもなく大きな才能に対して、凡人(見てる自分)が抱くジリジリした気持ちと尊敬の念が入り交じった感情を表してるなぁと思いました。

投稿: ぽん | 2008年6月14日 (土) 17時12分

ぼんさんへ
終わってからだらだら書くのはどうかと思ったのですが、勢いで書いちゃいました。

久し振りの「血沸き、肉踊る」的な展覧会でしたね。
ぼんさんとこでも、暁斎の羽織みたいなドキッとしたアロハつくらはったらどうです?
(でも、今では着る勇気のある人いいひんか・・・。あの羽織どんな人が着こなしてたのか、興味津々です。)

投稿: 好日 | 2008年6月15日 (日) 08時48分

「大和美人図屏風」、長い時間と最高の材料を使って仕上げたそうですね。
右の美人図の着物の柄の美しさにうっとりしました。
そして後ろの屏風の綿密なこと!日本の農村の四季を描いていますよね。
この作品はいつまでも見ていたい気持ちでした。

私は今京都に来ています。昨日は「青葉まつり」の智積院へ。
等伯父子の『桜図楓図』を見たとき、この暁斎の作品を思い出しました。

投稿: nao-mi | 2008年6月16日 (月) 04時55分

nao-mi さんへ
まだまだ頭に浮かんだ画や画家はいろいろと有りますが、きりがないのでこの位にしておきます。
でも、面白かったですね!

nao-miさんはもう等伯ですか!(私は京博、等伯までにもう一人くらい画家の特別展示をするような気がします。)
智積院、宝物館の本物と、書院に飾ってあるレプリカとの差が大きいのでびっくりしませんでしたか?
毎月京都へ来られているようですが、来月はいよいよ祗園祭ですね!

投稿: 好日 | 2008年6月16日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/21590277

この記事へのトラックバック一覧です: 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その6):

« 「暁斎ー近代へ架ける橋」京都国立博物館(その5) | トップページ | 「うつわ考」 京都市美術館 »