« 祇園祭あれこれ08 「宵山 駒形提灯」 | トップページ | 祗園祭あれこれ08 「神幸祭」 »

2008年7月17日 (木)

祗園祭あれこれ08 「山鉾巡行」

山鉾巡行をどこで見るかというのは、祭りを見に来られる人達にとって悩ましい問題。
四条堺町の「籤改め」、四条河原町の「辻廻し」、御池通の有料観覧席等色々あるが、
長年の経験からいうと、やっぱり「新町通り」で見る巡行が一番ですよ!

Img_6934

巡行を終えそれぞれの町内へ今年最後の戻り囃子を奏でながら戻っていく山鉾。
ゴトゴトと揺れながら道幅ぎりぎりに通るため、体の50センチ位前をあの大きな車輪が通っていくのです。これはすごい迫力ですよ!

Img_7002_2

ギシギシと鉾がきしむ音が聞こえて来ます。
路の段差を越える時等、ドーンと重々しい音が響きます。

Img_7025

それに鉾の屋根に乗っている人たち、彼らはこの新町通りが見せ場です。
路が細いため電柱や看板に鉾が当たりそうになります。
その時、電柱や看板と鉾の間に身を挺して鉾を護るのです。
ロープ1本で鉾から身を乗り出し、腕や足で押し出します。
みものです!

Img_7021

昔は「粽投げ」といって、鉾の囃子方が見物人や知り合いの家々に粽をほり投げていました。
特に新町通りにはいると、終わりも近いということで持っている粽を景気よく投げていました。

家々も二階の窓を取払い、鉾に向かって「粽ほって!」と叫んでいましたし、
見物の方々も、鉾に向かって手を差し伸ばし「粽ほって!」と叫んでいました。
さすがに、危険だという事でこの「粽投げ」は中止されましたが・・・。

Img_6965

今は知り合いの人が乗っている山鉾が通ると大きな拍手とその人の名を呼ぶ大きな声が聞こえます。
名前を呼ばれた囃子方は、ちょっと恥ずかしそうな感じで扇子を振ったり、会釈なんかをしています。

そのような昔からの巡行の風景が見られます。

Img_6991

山鉾の人達に言わせると、河原町、御池は観光用の鉾の顔をしてますが、この新町に入ると自分たちの顔になるそうです。
山鉾に乗っている人形達の顔も幾分なごんだ顔になっています。

Img_7018

祇園祭の素顔が見られる新町通りです。


|

« 祇園祭あれこれ08 「宵山 駒形提灯」 | トップページ | 祗園祭あれこれ08 「神幸祭」 »

コメント

 久しぶりに、はたこさんのところからやってまいりました。

 余所者の私も、京都で親しくさせていただいた方に教わって、昨年は鉾を楽しみました。

 一昨年の豪雨も良い思い出です。

 あとは24日ですね。来年こそは……

 

投稿: 東女 | 2008年7月19日 (土) 13時32分

東女さんへ
おひさしぶりです。
山鉾巡行は終わりましたが、まだ祗園祭は続いてます。
四条寺町の御旅所には3座の神輿が金色に輝いていますし、多くの人が無言詣に来られてます。
神輿の前では毎晩、各山鉾の囃子方が祇園囃子を奏でてます。
24日の還幸祭まではまだ祭りの雰囲気が色濃く見られます。
今年はだめでも、来年はぜひこの時期に京都を訪れて下さい。
毎年、違った祗園祭が見られますよ。

投稿: 好日 | 2008年7月20日 (日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/22394655

この記事へのトラックバック一覧です: 祗園祭あれこれ08 「山鉾巡行」:

« 祇園祭あれこれ08 「宵山 駒形提灯」 | トップページ | 祗園祭あれこれ08 「神幸祭」 »