« 祇園祭あれこれ08 「吉符入り」 | トップページ | 建具替え »

2008年7月 3日 (木)

祗園祭あれこれ08「黄昏の鉾町」

吉符入りも済み、町は祭りに向かって動き出します。

Img_0054町のあちこちの家の軒先に、「献燈」の提灯が灯されて祭りが近づいた事を知らせます。

町行く人達も、ぼんやりと照らされた路の灯りの中に、祭りの「ハレ」の姿を憶い起こし目の前に近づいた新しい祭りへの期待を膨らまします。

そのようなワクワクした気持ちを掻き立てる様に、ふと角を曲がると遠くの方から「祗園囃子」の音が聞こえて来ます。

ゆっくりとした調子ながら、心の奥底に溜められた今年一年の想いや郷愁を浮かびあがらせるような音色です。

Img_0057_2霰天神山の町内には、7月2日に行われた「籤取り式」の結果が張り出してありました。

今年は7番目の順番みたいです。

順番がどうのこうのより、「今年もこの山は巡行に参加するぞ!」というこの町内の心意気、また山を出せる喜びみたいなものを感じます。

この時代、町家はどんどんビルに変わっていき、住人の方も会社に変わり、祭りを継続していくことは並大抵のことではないと思います。そんな中での祭りとはこの町内の持つ譲れない誇りでもあるのでしょう。

Img_0062新町通りにはいると1年間閉じられていた、放下鉾の会所の入口や窓が大きく開けられ「二階囃子」の準備がされていました。

鉾が建つまでの間、祗園囃子の練習をこの二階で行います。

今年から参加するのでしょうか、小さい子供がお母さんの自転車に乗せられて会所に到着しました。
鉾の上に乗って、祗園囃子を奏でることは京都のこの辺の子供達にとって誇りとなります。

巡行の日にゆさゆさと揺れ進む鉾の上で、京都の町や見物の人々を見下ろして行く気持ちよさはたとえようがありません。(座る場所によっては怖い場合もありますが・・・)

Img_0063あっ、練習に遅れそうな子供が自転車を飛ばしていきます。

揃いの浴衣の裾をはためかして必死に自転車を漕いでます。

囃子の練習は厳しいものです。子供と言えども挨拶から始まり、間違えると厳しく叱られます。子供だからといって甘えられるものではありません。
しかし、それが子供にとって一人前として扱われることの誇りでもあり、喜びでもあるのです。

「気いつけて、遅れない様に!」

こんな風にして黄昏の鉾町は祭りの準備が進んで行きます。

|

« 祇園祭あれこれ08 「吉符入り」 | トップページ | 建具替え »

コメント

7月に入ると、京都の鉾町は日ごとに変わっていくんでしょうね。
その様子を肌で感じるには、やはり京都に住まなくちゃ無理ですね。
観光客としては羨ましい限りです。

浴衣姿の男の子、可愛いし凛々しいですね。
この子も伝統を守り継いでいくんですね。

投稿: nao-mi | 2008年7月 4日 (金) 06時13分

nao-mi さんへ
毎年同じ事が繰り返されている様に思いますが、自分が少しずつ変わっていくせいでもあるのか、祭りも毎年新しい顔をみせてくれます。
私には私の祗園祭が見える様に、別に京都に住んでいなくても今のnao-miさんにはnao-miさんの今の祭りが見えると思います。ぜひ今年の祭りを見に京都へ来て下さい。

思えばウン十年前に、私もあの子のようにイソイソとお囃子の稽古にいったことを憶い出します。その頃はどんな祭りが見えていたのでしょうか? 残念ながらそこまでは思い出せません。

投稿: 好日 | 2008年7月 4日 (金) 20時39分

こんにちは。
いよいよ好日さんの季節(!?)到来ですね。
自転車の子の写真、とても気に入ってしまいました。
浴衣の裾のはためき具合が何ともいいですね。車輪に巻き込まれないかしらって心配にもなりますが。
よくこの瞬間がキャッチできはりましたね。

一昨日、月鉾の会所前でお囃子の練習に来た子が高級外車から降りてくるのを見て、貧乏人のひがみも交えつつ「なんだかなぁ~」と思い眺めていたのですが、この写真を見てほっとしました。またまだこんな光景も残ってるんだなって。

今年もまた「祇園祭いつからやったっけ」と言う周囲の人に、「もう始まってますけど…」と言って、ちょっと煙たがられる元街中っ子です。
既に真夏の日々が続いておりますが、クライマックスに向け体調を崩されないようにがんばってくださいね。

投稿: かもめ | 2008年7月 5日 (土) 13時35分

かもめさんへ
この子、六角位からえらい勢いで走って来て、私は錦のあがった所から見ていたのですが、目の前をすっ飛んでいきました。カメラを構える余裕はあったのですが、それでもブレてます。よほど急いでいたのですね!
高級外車で来ても、自転車できても二階へ上がれば同じ扱いになると思いますがね。

私の周りにも「元街っ子」は大勢います。祭りが近づくと血が騒ぐのか、「今年の囃子はまだまだやな」としたり顔でいってます。(ちゃんと聞きにいってるのですね!かごめさんも騒ぐでしょう?)

投稿: 好日 | 2008年7月 5日 (土) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/22057657

この記事へのトラックバック一覧です: 祗園祭あれこれ08「黄昏の鉾町」:

« 祇園祭あれこれ08 「吉符入り」 | トップページ | 建具替え »