« 建具替え | トップページ | 「色ー響きと調べ」京都市美術館コレクション展第二期 »

2008年7月 5日 (土)

三条商店街の夜店

夜になっても表の道路が何故かざわざわとしている感じがする。
子供達の歓声もときおり聞こえて来る。

何かと思い表に出てみると、三条通がものすごい人の波。
聞いてみると三条商店街で夜店をやっているらしい。これは面白そうとちょっと出てみた。

Img_6513この商店街、あのオリンピック女子マラソンの野口選手が雨の日はここで練習する事で有名になっている。千本三条から堀川三条までの約600〜700メートル位の区間がズーッとアーケードで覆われているからである。
キャッチフレーズが「いつでも晴れの三条商店街」(だったと思う。)

多くの古くからの商店街が活気を失っていっているのと同様、この商店街も4〜5年前は閉店していく店も見られる状態だった。しかし野口選手のおかげかもしれないが最近は新しい雰囲気の店が増えていっている。

古い町家をそのまま利用したレストランやカフェ。エスニックな感じの雑貨屋さん。流行の飲み物や食べ物を売るファーストフード風の店。パン屋さん等

Img_6511どの店も若い人達を中心に人気が出ており、タウン誌やブログなんかに登場してきている。

左はそんな新しいお店の一つ「らん布袋」。和風な感じのカフェで、オーナーが外人のお茶の先生という話題性もあり、人気がある。この日もオーナ自ら夜店を開きがんばっておられた。

そんな新しい店の活躍もあるが、やはりこの商店街が賑わって来たのは古くからの店ががんばってきた事に有ると思う。いろいろと話を聞いていると、最近古い店の経営者の世代交替が行われ、新しい感覚の若い人達が中心となって活動をはじめている。

その催しの一つが本日の夜店。
この地域にこんなに多くの人が居たのかと思う程集まっている。
小さい時からこの商店街を見ているがこんなの初めて見た。

自分の住んでいる地域が活性化していくことは喜ばしいことである。
願わくば単発で終わらずに、それなりににぎやかな商店街であってほしい。

|

« 建具替え | トップページ | 「色ー響きと調べ」京都市美術館コレクション展第二期 »

コメント

 三条会の夜店は年々盛況になっていきますね。初めて行ったころは堀川の方までいくと、閑散としていたのに。今年は東京の商店街から見学に来られていましたよ。(小耳にはさんだもので・・・)
 
 去年までは甥っ子が生徒会でジュースを売っていたり、義姉がPTAで出店していたりしましたが、皆大きくなっちゃって・・・楽しみが減りました。

投稿: ごうやん | 2008年7月 7日 (月) 17時29分

最近京都の宿は、この商店街の近くのウィークリーマンションを
借りることが多いんです。
古い店と新しい店がうまく溶け合っていて、活気がありますよね。
「トロン温泉・稲荷湯」も好きです。

前に泊まったとき、ちょうど夜店がありました。
大賑わいだったことを覚えています。

投稿: nao-mi | 2008年7月 7日 (月) 21時54分

ごうやんさんへ
本当に盛況してますね。各お店が出血サービスで屋台を出している様な感じでお客さん大喜びの様子でしたね。
知り合いのお店の人も商売ぬきで楽しんでましたよ!
(いつもこんなに安ければ、こちらとしたら嬉しいのですけど・・・)

どこからこんなけ多くの人が集まったのか不思議だったのですが、東京からも来てたのですか。三条商店街も有名になって来ましたね。これを契機にもっと賑やかになれば近くに住むものとしては楽しいんですけど、自転車で走ることが難しくなるかもしれませんね

投稿: 好日 | 2008年7月 7日 (月) 22時10分

nao-mi さんへ
えーっ、「稲荷湯」さん行かはるんですか?
それなら「ご近所」さんですね。
このあたりでお会いしてたかもしれません。

ここらへんは中京の真中とは少し違った面白さが有ります。
庶民的なところと古い点がごっちゃまぜになった面白さが有ります。三条商店街もこの地域の特徴を保ちながら賑やかになってくれることを望んでます。

またこちらへ来られたおりはご連絡ください。ご案内しますよ。

投稿: 好日 | 2008年7月 7日 (月) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/22100089

この記事へのトラックバック一覧です: 三条商店街の夜店:

« 建具替え | トップページ | 「色ー響きと調べ」京都市美術館コレクション展第二期 »