« 「比叡山ライトアップ」 | トップページ | 「朝鮮の美術工芸−高麗青磁を中心に」 高麗美術館 »

2008年8月16日 (土)

「下鴨納涼古本市」と「五山の送り火」

最終日になったが下鴨神社糺の森で行われている「納涼古本市」に参戦してきた。

Img_7520

緑が滴り、蝉の声が降り注ぐ糺の森で行われる古本市も夏の風物詩としてすっかり定着し、多くの古本マニアが集まってくる。
特に最終日の終了時間近くになって来ると、全品半額とか、袋詰め放題500円とか古本探しの醍醐味が味わえる。

2時頃に着きそれから一軒一軒覗いて行き、3時過ぎ位になりふと空を見ると、木々の間から見えている空に黒雲が広がって来ている。
「これはやばいぞ!」と思い、残りの店を急いで覗いて行こうとしたが、残念それから4〜5軒の間にポツポツと大粒の雨が落ちて来た。
あわてて、ビニールを掛け出すお店の人達。こちらも抱えている本が濡れるのがいやで早々にリタイア。
残念!
本日の戦果は美術関連1冊、民俗学系1冊、古典2冊、小説2冊。まあまあですね。

しかし、夜の送り火が心配。

Img_7521

その後、中京ではそんなに降らなかったが、嵯峨や山科では激しく降った様子。しかし、夕方には西山が夕焼けで染まる程、天気は回復して来た。

いつものところへおじゃまし、今年も先祖を送る。

Img_7536

8時ちょうどに「大文字」に火が点る。点々と広がっている火がまたたくまに繋がり「大」の字となる。
想い思いの気持ちをこめて、皆さん「大」の字を眺めている。

Img_7546

しばらくすると「妙法」が点り出し、北の空が赤く染まる。そして「船形」が点って来る。
「船形」は見ている位置から近いだけに炎の様子まではっきりと見えている。

毎年見ている風景だが、見飽きることはない。
無事に今年も見られる事を感謝し、また精霊を送れる事を喜ぶ。

この頃になると「左大文字」も点り、見られる送り火が全て揃う。
壮観な眺めである。

Img_7534

これは偶然撮れていた「走る大文字」。「大」の字って、こうやってみると「人」みたいですね。
まるで走り去るご先祖さんのよう。はよ帰らんと地獄の蓋がしまりまっせ!(家の先祖は地獄へ帰るのか?)

今年もいい「送り火」だった。
この「五山の送り火」が済むと京都も少し朝夕が過ごしやすくなって来る。
あとは、行く夏を惜しむかの様に「地蔵盆」の行事が各町内で行われる。

|

« 「比叡山ライトアップ」 | トップページ | 「朝鮮の美術工芸−高麗青磁を中心に」 高麗美術館 »

コメント

人文字、ナイスですね!

>はよ帰らんと地獄の蓋がしまりまっせ!(家の先祖は地獄へ帰るのか?)
私も、これは子供のころからずっと思ってました。うちのご先祖は悪人やったんかなぁと。ま、その血は受け継いでるようですが(笑)

投稿: ぽん | 2008年8月20日 (水) 15時33分

好日さんお久しぶりです。
今年は何年ぶりかで16日は京都にいました。
天気がとても心配でした。風も強かったし…。

宿のベランダから、静かに見送りました。
「大」と「船形」が見えました。
なんだか夏の終わりを感じ、しんみりしました。

今週末は地蔵盆ですね。好日さんたいへんなんですよね。

投稿: nao-mi | 2008年8月20日 (水) 20時46分

ぼんさんへ
地獄の話、小さい頃から聞かされましたね。
ぼんさんが突っ込んで来ると思って考えておきました!
人間死んだら六道輪廻に堕ちるんですよ、そこで菩薩観音さんに助けられ浄土へ行くのです。
浄土はこの世より居心地がいいので浄土に行った人は帰ってきません。(ねえちゃんも奇麗ですから、酔っぱらいは別として(笑)。
だから、帰って来る精霊は六道地獄へ戻るらしいです。

ぼんさんも私もはじめは六道地獄なんです。(あーぁ、恐わ!)
あとは仏の御慈悲にすがるのみ!!!!

投稿: 好日 | 2008年8月20日 (水) 22時50分

nao-miさんへ
京都へ来られていたのですね。
夕立があがり、無事「送り火」が拝めてよかったですね。

毎年拝んでいても、あの赤々と浮かび上がる「大」の字を見ると、心の中に新たに去来するもがあります。

「送り火」が終わってからは、うってかわって涼しい日が続きました。「お盆が過ぎるとすごしやすくなる」という言葉通りの京都です。

これで地蔵盆が過ぎれば、京都は秋のモードに入って行きます。8月の後半から9月にかけての京都は訪れる人も少なく1年の中の穴場となります。
また初秋の京都を訪れてください。


投稿: 好日 | 2008年8月20日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/23051932

この記事へのトラックバック一覧です: 「下鴨納涼古本市」と「五山の送り火」:

« 「比叡山ライトアップ」 | トップページ | 「朝鮮の美術工芸−高麗青磁を中心に」 高麗美術館 »