« 「芸術都市パリの100年展」 京都市美術館 | トップページ | 昼すぎて岡崎辺りで食事というと 「十両」 »

2008年9月27日 (土)

「再興第93回 院展」 京都市美術館

京都市美術館で開催されている「(秋の)再興院展」に行って来た。

Img_innten1何故だか知らないが春は「院展」、秋は「再興院展」と言われてる。
どう違うのかは知らないが、春の院展は京都では高島屋で開催され、秋の再興院展は京都市美術館で開催されている。

会場の大きさのせいかわからないが、春の院展は小品が多く、秋の再興院展は大作が並ぶ。

今回も会場にはズラーッと100号を越す様な大作が並んでいる。

しかしその中に片岡球子の画はない。彼女は今年の1月、103歳の天寿を全うされた。あの独特の「面構」の画はもうこの会場に並ばない。

そんな一抹の寂しさを思いながら会場を回っていく。

やはり日本画は見ていて心が落ち着く。あの岩絵具のしっとりとした色調。落ち着いた線。
そんな中で目に付いたものを何点か。

Img_innten4

これは奨励賞をとられた石村雅幸氏の「魂」。
この画家、同じ様な構図で何回か院展に出展されている。彼のテーマなんだろう。
大きく広がった楠(?)の姿が堂々と描かれている。日に照らされた葉の美しい事。

Img_innten2

これは同じく奨励賞をとられた松本高明さんの「春立つ」。
冬枯れの野に白く浮かび上がる草と白梅が印象的。
ちょっと構図的には不思議な様子だが、その分魅入るような雰囲気が有る。

多くの大作を見ていって気付く事だが、画家にとってこの様な大きな作品を描くことは大変な作業であるという事。肉体的にはもちろん、精神的にも。
その証拠に、途中で力尽き、明らかに画にバランスが欠けている画が有る。
ある一部は非常に力をこめて、緊張して描かれているが、それ以外の部分は単なる色を塗ったという感じの作品が見られる。

院展の創始者の一人である、大観の画なんかを見ていると、多くの大作には色を塗らない「余白」が存在した。その余白が無駄な色彩を排除し、主題を浮出させる効果を持っていた。
今の作品は、なぜだか知らないがべったりと色が塗られている。その塗り方が散漫なため画ののバランスを殺し、主題を殺している。
また、その為に同じ様な色調、同じ様な構図の画が増えている。
なんとなく、日本画の将来が危ぶまれる感じがする。

Img_innten5

こうして一回りし終わって、ふと、「あれ、今年は平山郁夫さんは出してないのかな?」と思った。
不思議に思ってもう一回りし出すと、有りました。
「祈りの行進・聖地ルルド」と題された大きな作品でした。気付けば平山画伯の沈んだ群青色が美しい作品でした。
しかし最初はわからなかったなぁ〜。
仏教関係の画ではなくキリスト教の画だったから。

|

« 「芸術都市パリの100年展」 京都市美術館 | トップページ | 昼すぎて岡崎辺りで食事というと 「十両」 »

コメント

院展をご高覧下さり、また、拙作をブログで取り上げてくださってありがとうございました。院展に出品する用になって、22年になります。

以前は、日本の古建築を題材にしていましたが、樹をテーマにするようになって、9年目になりました。

院展の制作期間は7月・8月・・・つまり真夏であり、この時期に150号近い大作を仕上げるのは、精神的にも体力的にも大きなエネルギーを要します。

院展の所属作家だけでも、2000人以上いますが、その中で、体調面、制作時間の確保をクリアできて、完成、出品までこぎつけられるのは、500人程度(一般の出品者をのぞくと)ではないでしょうか。そのうち入選できるのは200人程度です。

こういう生活を、死ぬまで続けるのが院展の作家なんです。

投稿: 雅幸画房 | 2008年10月 3日 (金) 19時48分

雅幸画房様
拙ブログにご訪問いただきありがとうございます。
また、「奨励賞」受賞おめでとうございます。
院展で貴殿の「魂」を拝見したとき、非常に懐かしい気持ちが起りました。実は我家の近くに神社が有り、そこには樹齢850年と言われているエノキの巨樹があります。
幼い頃からこの樹を眺め、また時にはその樹に触れ、巨樹のもつ独特のパワーというかエネルギーを授かって来ました。
ちょうど、その樹を見上げた時の雰囲気と貴殿の画が持つ独特の雰囲気がよく似ていたのです。
そのような意味で、私にとって身近な感じでまた素直な気持ちで拝見できる画でした。
この巨樹を描いておられるシリーズ、気に入っています。
今後も院展で拝見できることを愉しみにしております。

投稿: 好日 | 2008年10月 4日 (土) 00時08分

ありがとうございます。またきちゃいました。

この樹は椎(しい)の仲間の、スダジイです。アクがないので、実が生でも食べられるそうです。とても小さな実ですけどね。その昔、度重なる飢饉に村人が苦しめられた時に、穀物に代わる貴重な食料となったそうです。守り神のような存在ですよね。

私の題材とする樹は、なぜかほとんどスダジイです。銀杏や桜も描きますが・・・。

「院展」とは、「日本美術院展覧会」を略したものです。

春季展と秋季展の2回開催されますが、秋は「本展」、春は本展の為の「習作(小品)展」として始まったそうですが、後に、「春の院展」という名称に変わりました。

再興と付くのは、天心先生が亡くなって休院状態だった日本美術院(院展)を、大観先生が再興なさったからです。

投稿: 雅幸画房 | 2008年11月12日 (水) 23時39分

雅幸画房さんへ
お久しぶりです。しばらく旅行に行っていたのでお返事が遅れました。
巨大な樹や神木と言われる樹にはなにか大きな力を感じます。人間のスケールを越えた空間と時間の広がりを感じます。
そのような巨大なパワーを持つ樹々を描こうとすれば、それ同様のパワーが必要でないかと御察しあげます。
今後もお体を御自愛いただき、院展でのご活躍を期待いたします。

投稿: 好日 | 2008年11月19日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/24184941

この記事へのトラックバック一覧です: 「再興第93回 院展」 京都市美術館:

» 再興第93回院展 [日 本 画 生 活]
『魂(みたま)』    170cm×215cm   高知麻紙に岩絵具 ※筑波山大御堂のスダジイ(推定樹齢450年) この夏の猛暑(画室には冷房なし)と、7月頭からのオーバーペースで体調がすぐれない時期もあり、いろいろとブログでは弱音を吐いてしまってご心配をおかけいたしましたが、なんとか、精一杯頑張ることができて、この作品にがっぷりと取り組む事が出来ました。 凡人・凡才の私が、前を見失わずに今年の夏もなんとか描き続けられたのは、師や先輩のお導き、温かい言葉、家族の支え、親戚、..... [続きを読む]

受信: 2008年10月 3日 (金) 19時36分

« 「芸術都市パリの100年展」 京都市美術館 | トップページ | 昼すぎて岡崎辺りで食事というと 「十両」 »