« 「仏の形 心の形」 泉屋博古館 | トップページ | パリ、フィレンツェ、そしてローマへ »

2008年10月14日 (火)

「名画に出逢う、秋」 八幡市立松花堂美術館

京都と大阪の境にある八幡市。桂川、宇治川、木津の三川合流点をはさみ対岸には天王山を望み、こちら側には石清水八幡宮のある男山がある地。
桃山から江戸の始めにかけてこの石清水八幡宮に松花堂昭乗という坊さんがいた。この坊さん書道、絵画、茶道に堪能で、特に書家としては近衛信尹、本阿弥光悦とともに「寛永の三筆」と称せられた。
彼の使っていた四つ切りの小物入れからヒントを得て、吉兆の湯木さんが松花堂弁当を考案した話のほうが知られているかな?

Syoukado1その松花堂にちなんだ地を八幡市が松花堂庭園として保存し、また彼にまつわる美術品を集めた美術館をつくっている。

そこで開催されている「名画に出逢う、秋」に行って来た。
それほど大きな美術館ではないが、今回は京都市美術館と京セラ美術館からよりすぐりの日本画が展示されている。

まずは、チラシにもなっている菊池契月の「散策」。
菊池契月の描く女性画は非常に線が美しい。しかし、その整いすぎた表情から見る者に冷たい感じをあたえる。しかし、この画に描かれている女性には若々しい明るい表情が感じられる。その他の画とはちょっと異なる感じ。

帯下を長く取る構図により、二匹の黒い犬が活きている。画面の周りに覗いた草花や木々の様子が爽やかさを感じさせる。
同じ様な雰囲気の画として思い出すのが、鏑木清方の「朝涼」。同じように爽やかな画だが、契月の画は構図が単純化されておりその分より乾いた雰囲気が感じられる。
清方の方が何故か湿ったような感じ。
背景まで描かれている画はやはり画全体から導かれる感じで感想を持つが、この画のように大きく余白を取ったような画は、描かれた部分に集中し、そこから見る者が色々と想像して感想を導き出すというような違いが有る。どちらが良いというものではないが、京都で見る画には、このような余白の余韻を持つ画が多い様な気がする。

Syoukado2_2 Syoukado3_2

この2枚の画は左が梶原緋佐子の「ねがい」。右側が三谷十糸子の「春来る(春想)」。
この2枚、画像と同じように並んで展示されていた。なかなか面白い並べかた。
お互いが向かうように感じで、二人の女性が意識しあって感じがする。梶原の女性はあたかも「まだ、あなたにはこの想いはわからないでしょう。」と思っているようであり、三谷の少女は「ふん、なにさ・・・」という様な感じ。

画家も異なり、描かれた時代も異なる画が偶然並べられる事で、画家が思っても居なかった雰囲気が生まれて来る。この辺りのコラボレーションの効果も美術展を見に行くことの愉しみ。

梶原は明治から大正にかけては、このように社会の底辺に生きる女性の哀しみや疲労感、また一途な想いみたいなものを独特の筆使いで描いていた。大正デモクラシーというか社会主義的な思想の雰囲気を持つ画であり、この頃の女性の画家としては興味を引く画家。惹き寄せられるものがある。

三谷の画は余り多く見ていないが、このような少女を描いている画が多いような気がする。

Syoukado4

徳岡神泉は「筍」が出されてた。
独特の緑の色合い。昭和30年代の作品だが、具象とも抽象ともいえない神泉独特の世界である。この後はもっと抽象の方向に進むのだが、まだフォルムは保っている。
掘り出された「筍」の中に春の息吹や生命の力強さへの神泉の気持ちがギューッと凝縮されているような感じがする。そのような強い気持ちを独特の色合いやぼやけたフォルムの効果で表に現れないようにコントロールしている。
奥深い画だなぁ・・・。

Syoukado5

この剽軽な「熊」を描いたのは、竹内栖鳳。
何ともいえないユーモアと可愛らしさが感じられる画である。
京都画壇の重鎮である栖鳳には、このようなほのぼのした画があり、その人柄が偲ばれる。
芦雪や大雅等が見せる、ある種のユーモアや明るさみたいな江戸後期の京都画壇のもつ雰囲気を引継ぐものでもあろう。
でも、その勢いのある筆使い、赤い紅葉の効果はさすが栖鳳。冬の京美での展覧会が愉しみ。

この画は美術館にはいる前は、京都市役所で衝立として置かれていたらしい。贅沢な衝立ですね。

そんなに多くの作品が展示されている訳ではないが、見所のある作品が並んだ美術展です。

|

« 「仏の形 心の形」 泉屋博古館 | トップページ | パリ、フィレンツェ、そしてローマへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/24703562

この記事へのトラックバック一覧です: 「名画に出逢う、秋」 八幡市立松花堂美術館:

« 「仏の形 心の形」 泉屋博古館 | トップページ | パリ、フィレンツェ、そしてローマへ »