« パリ、フィレンツェ、そしてローマへ(ルーヴル美術館:ラ・トゥール) | トップページ | ものすごいクリスマスプレゼント »

2008年11月29日 (土)

パリ、フィレンツェ、そしてローマへ(チュイルリー公園)

今回の旅行の日々はのんびりしたもの。

朝起きて、まずは美術館へ。見たい画はだいたい決めているが、行く美術館はその日の朝の気分次第。

Rimg0101

美術館が決まれば、交通手段を考え、メトロの降りる駅などを確認する。
各美術館ゆっくりと時間を取って画を見ていく。そうしているとこちらの美術館は展示作品の点数が多いため、だいたいお昼をすぎてしまう。

昼食は美術館のカフェやレストランで食べるか、一度出て付近のレストランへ向かう。

約一時間くらいかけてワインなんかも飲みながらゆっくりと食事をし、また美術館へ戻る。

大体2時頃に見終わり美術館を出ると、夕方まではブラブラとパリの町を歩き回るか、天気がよければ公園なんかに行ってぼんやりと周りの景色を眺めている。

パリの公園は今ちょうど黄葉の真っ盛り。日本の秋と異なり真っ赤な紅葉は無いが黄色や茶色の落ち葉に埋まった芝生や道が美しい。

ベンチに座って老人達がペタングをやっている様子なんかをながめていると、日々の暮らしのセカセカしていたことなんかすっかり忘れてしまう。

しかしパリという街は本当に魅力ある街ですね。こうやってボヤーッと座っていても少しも飽きない。木々の間から見える建物の景色や公園で和んでいる人達の様子も魅力あふれるものに感じられる。

その魅力はどこからるるのか?ということを考えると、街いたるところで感じられる『余裕』みたいなものにあるのではないかと思う。建物なんかも長い間そこに存在することを計算されて当初より作られて今に至ったという感じがするし、そこに生活している人達にも我々の日常生活では感じられないような生活を楽しむ余裕があるように思える。

そのような余裕がこの街を魅力的なものにし、多くの人達が憧れる街としているのだ。

ロンドンに長く住んでいる友人が、「パリに行くと、やはり『華のパリ』という感じがするよ!」と言っていたがその意味がなんとなくわかるような気がする。

|

« パリ、フィレンツェ、そしてローマへ(ルーヴル美術館:ラ・トゥール) | トップページ | ものすごいクリスマスプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/25753878

この記事へのトラックバック一覧です: パリ、フィレンツェ、そしてローマへ(チュイルリー公園):

« パリ、フィレンツェ、そしてローマへ(ルーヴル美術館:ラ・トゥール) | トップページ | ものすごいクリスマスプレゼント »