« 京都 桜逍遥2009(大沢池) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(桜守 佐野藤右衛門邸) »

2009年4月 9日 (木)

京都 桜逍遥2009(平安神宮)

「いざさくら 我も散りなむ ひとさかり
                ありなば人に 憂きめ見えなむ」
                    古今和歌集 承均法師

Rimg0043

この桜の時期に、平安神宮へ行くのは、何年振りですかね。
あの枝垂桜は魅力なんですが、なんせ人が多いものだから、毎年ついつい避けてしまいます。
今年は、その姿を忘れてしまいそうなので、意を決して行ってみました。

神苑に入るとすぐに紅枝垂が今が盛りと咲いてます。
一概に「紅枝垂」といいますが、その色は一本々異なります。紅の濃いものから薄いもの、緋色の濃いものから薄いものと千差万別の色合いをしています。
それが空の青、神殿の朱色を重なりあい、見事な色調です。

Rimg0063

紅枝垂が中心の南苑をすぎると、山桜・ソメイヨシノ・里桜系が点在する池に出ます。
決して群れて咲くようにではなく、しかし途切れることなく桜が続きます。

水面に這うように伸びる桜もあれば、すくっと立つ姿を池面に映す桜も有り、白い花びらが輝く桜も有れば、薄紅が沈んだように落ち着いた桜も有ります。

この神苑は、明治時代に平安神宮が造営された時に、当時の名庭師といわれた小川治兵衛によってつくられたもので、日本の庭の全ての要素が表されているといわれているものです。

確かに歩いていて、次々に現れて来る景色に目を楽しむとともに、その構成の妙に実際以上の広さと深さを感じる庭です。

Img_0086

神苑をでた所には、最後の目を楽しませるかのように、白砂の中にに満開の桜が咲いていました。


*過去の「桜逍遥」はこちらからどうぞ

|

« 京都 桜逍遥2009(大沢池) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(桜守 佐野藤右衛門邸) »

コメント

好日さん、おはようございます。happy01

悲しいかな桜が満開の頃の平安神宮に行った事がありません。
いつもなんかずれてしまうんですよね。coldsweats01

でもやっぱりと言うかさすがと言うか「THE 京都の桜」と言う感じ。
本当に素晴らしいです。shine cherryblossomcherryblossomcherryblossom shine

来年の桜の頃には行けるかな。confident

投稿: 紫香楽 秀山 | 2009年4月14日 (火) 08時36分

秀山さんへ
案外、皆さん行かないみたいですね!
周りの人達にも聞いてみたんですが、「昔に」とか「小さい頃に」とかいう返事ばかりでした。

それにも関わらず、京都の桜の代表格になっているのは、案外、「紅枝垂コンサート」のポスターなんかで、見た気になっているんでしょうかね?

今回久し振りに行ったのですが、良い桜、良い庭です。
来年は是非どうぞ!

投稿: 好日 | 2009年4月14日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/29062210

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2009(平安神宮):

« 京都 桜逍遥2009(大沢池) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(桜守 佐野藤右衛門邸) »