« 京都 桜逍遥2009(光明院の夜桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(大沢池) »

2009年4月 7日 (火)

京都 桜逍遥2009(岡崎付近の桜)

「見渡せば 柳桜を こきまぜて
                 都ぞ春の 錦なりける」
                    古今和歌集 素性法師

Img_0017

今週、快晴の日々が続き、素性法師の歌のとおり「都ぞ春の 錦なりける」な状況です。

まだ花をつけている枝垂桜もある中、ソメイヨシノがほぼ満開の状態で、まるで「洛中洛外図」に描かれている金雲が、桜にとってかわられたかの様子です。

平安神宮のある岡崎も観光客と彼らを乗せて来る観光バスで近寄れません。
いつもはこの時期有名所には近寄らないのですが、今年は意を決して回ってみました。

人気のある疏水を走る十石船なんかは、1時間待ちくらいが当たり前の状態になっています。

Img_0090

実は、今回岡崎に来たのは、京都市美術館で「コレクション展 時空を旅する 」が始まったからです。
その内容はまた別の機会に書きますが、そこでちょっと思ったことを・・・。

「桜」は日本画の画題としてはポピュラーなもので、多くの画家達がそれぞれの桜を描いています。
春のこの季節になると桜の画を見る機会も多くなります。

そんななかで、若い画家が描いた桜を見ていると、なんだかパターンの似た画が多い事に気付きます。
大体、東山魁夷さんの描く朧げな風な桜か、中島千波さんの描くこうあるべき風の桜かです。
この二人の大家の画がどうのこうのいうわけではありませんが、今を描く若い画家たちが、そのパターンから抜け出せてない様な気がします。

横山大観の「夜桜」の大胆な色使い、村上華岳の「夜桜之図」の面白さ、奥村土牛の「醍醐の桜」の高尚さみたいな、もっといろいろな桜の描き方があってもよいのではないかと思います。

|

« 京都 桜逍遥2009(光明院の夜桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(大沢池) »

コメント

好日さんのおっしゃるとおりかもしれませんね。confident

私は絵に対しては素人なので難しいことはわかりませんが、coldsweats01
まだまだ桜の描き方にはいろんな楽しい可能性があるように思います。flair

ちなみに私は日本画家の富田渓仙がとっても大好きで、彼の描く桜にはどれも心が惹かれます。shinecherryblossom

投稿: 紫香楽 秀山 | 2009年4月10日 (金) 10時03分

秀山さんへ
ご存知かもしれませんが、ブログに書いた大観の「夜桜」は、じつは富田渓仙の「祇園夜桜」という画に触発されて描かれたそうです。私も一度その「祇園夜桜」を観たいものだと思っています。

富田渓仙の描く南画風にデフォルメされた独特の雰囲気、私も好きです。

投稿: 好日 | 2009年4月10日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/29043837

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2009(岡崎付近の桜):

« 京都 桜逍遥2009(光明院の夜桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(大沢池) »