« 京都 桜逍遥2009(西陣界隈の桜) | トップページ | 5月の神泉苑 »

2009年4月21日 (火)

京都 桜逍遥2009(雨宝院)

「惜しと思ふ 心は糸に よられなん
              ちる花ごとに ぬきてとどめん」
                 古今和歌集 素性法師

Rimg0087

さて西陣の桜の最後は「雨宝院」です。
「千本閻魔堂」から千本通を渡り東に進むと、そこは西陣の最深部です。
昔はこの辺りを通ると、まわりからガッチャンガッチャンと織機の音が聞こえて来たのですがこの頃はそれほどでもありません。聞こえなくなると、それはそれで何か寂しい気がします。

昔、二条城の近くにあったされている「岩上さん」の横を通ると、その先が「雨宝院」。

境内が60坪位の小さなお寺だが、西陣聖天さんとしてこの辺りの人達に親しまれているお寺です。
このお寺、仏さんの集積度も並外れていますが、桜の密度もたいしたものです。

四月初めに咲き出す「歓喜桜」からはじまり、この頃は「松月桜」と「御衣黄桜」が盛りです。
今年も見事に咲いてます

Rimg0092

「松月桜」の薄い花びらが幾重にも重なり、その向うに透けるうすい桃色の世界は本当に美しいものです。

このお寺も昔は静かな雰囲気にあり、近所の方か、噂を聞きつけた桜好きが訪れる、隠れた名所でしたが、(私のように)ブログで紹介されたり、ガイドブックに載ったりして多くの人が訪れるようになりました。
中には、このお寺の雰囲気を壊す様な振る舞いをする人もいるらしく、最近は無粋な注意札があちこちに見られるようになりました。
訪れる人が多くなるのはしかたがないことですが、やはり雰囲気だけは壊さないでほしいものです。
いつも愉しませていただいているはたこさんもこのことを嘆いておられました。

Rimg0100

ここの「御衣黄桜」の花に浮かぶ紅色の筋が濃くなってくると、京都の桜の季節も終わりに近づきます。

今年も多くの桜を観て来ましたが、いずれもが生きている事の喜びを感じさせてくれる美しいものでした。また、来年もこの花を観ようと力付けてくれるものでした。

散り行く花を惜しみつつ、風薫る五月の空に想いを馳せ、今年の「桜逍遥」を終わります。

|

« 京都 桜逍遥2009(西陣界隈の桜) | トップページ | 5月の神泉苑 »

コメント

好日さん、おはようございます。happy01

信楽は今
遅咲きの桜が散り始め、
素晴らしかった今年の信楽の桜もようやく終わりを迎えようとしています。cherryblossomshine

それにしても今年の花見は天候にも恵まれsun
近年まれに見る当たり年だったように思いますね。flair

また来年も家族みんな揃って花見の季節を迎えたいと祈念します。confident

投稿: 紫香楽 秀山 | 2009年5月 2日 (土) 04時26分

秀山さんへ
今年も楽しませてくれた桜に感謝です!
毎年、同じ様な頃、同じ様な場所で見ている桜ですが、
自分が変わって行くのか、桜が変わって行くのか、少しずつですが異なった感じを受けます。
その変化を感じ取るのも、桜を見に行く愉しみの一つです。

また来年も、桜の話をご一緒に出来る事を愉しみにしております。
来年は、お教えいただいた信楽の桜も見に行くつもりです。

投稿: 好日 | 2009年5月 3日 (日) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/29328144

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2009(雨宝院):

« 京都 桜逍遥2009(西陣界隈の桜) | トップページ | 5月の神泉苑 »