« 京都 桜逍遥2009(出水の枝垂桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(醍醐寺) »

2009年4月 1日 (水)

京都 桜逍遥2009(醍醐寺霊宝館の枝垂桜)

「世の中に 絶えて桜の なかりせば
                   春の心は のどけからまし」
                       古今和歌集 在原業平

Rimg0114_1

京都でも有数の桜の名所である醍醐寺の中で、この霊宝館の奥にある枝垂桜は一・二を争う桜です。
背はそんなに高くは有りませんが、横への張り出しはすごいもので観る人を圧倒します。

以前にも少し書きましたが、この桜を観ていると、雲の中を飛び回る龍を思い起こします。

青空をバックに梢の花は透き通った花びらを春の陽光に白く輝き、真中辺りの花は塊となりそよぐ風にゆるやかに揺れながら圧倒的なボリュームでせまってきます。

その間を黒々とした幹がぬうように見え隠れし、花雲の間を龍がうねるように飛び回っているかの様です。

その荒々しさや、雄大な姿、またその中に見え隠れする気迫籠った情感は、京都の建仁寺にある海北友松の「雲龍図」を思い起こします。

Rimg0125_1

この桜は樹齢約180年位と言われています。
そのどっしりとした姿、伝わって来る気迫の激しさからは案外若い樹であることに驚きます。
(ソメイヨシノは寿命が短く60年から100年位といわれてますが、枝垂桜は約400年くらいとされています。)

そうすると今が盛りの樹であり、今後ますます盛んになり、龍は天に昇るかの様子を見せるでしょう。

Rimg0127_1

|

« 京都 桜逍遥2009(出水の枝垂桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(醍醐寺) »

コメント

好日さん、こんにちわ。happy01

これは圧巻です。実に素晴らしい桜ですね。shinecherryblossom

私は今まで桜のシーズンの醍醐寺に訪れた事がなかったので、
今年はぜひ、この雲龍の如く勢いのあるこの桜をひとり静かにまじかでめでたいものです。bottleconfident

でも今は観光客が多いでしょうね。coldsweats01

投稿: 紫香楽 秀山 | 2009年4月 4日 (土) 12時54分

秀山 様
そうなんです、この桜の欠点は「人が多い」事。
この時期、晴れた日は人で埋まります。
醍醐はこの枝垂桜の後には、染井吉野がひかえていますし、当分「ひとり静かに」とは縁の遠い世界となります。
(それでも私をひき付ける魅力をこの桜はもっていますが・・・。)

「ひとり静かに」用に何カ所かの「My桜」を持っていますが、狭い京都、そこにもだんだんとカメラの三脚が並ぶようになってきました。

「花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あらた桜の とがにはありける」と西行が詠う気持ちがわかります。

投稿: 好日 | 2009年4月 5日 (日) 08時45分

お久しぶりです。お待ちしておりました。
こないだのプレッシャーが効いたかな?(笑)

桜、キレイですねぇ。私はまだ、こうやってシミジミとは見てません。他の遊びに忙しいて(汗)

投稿: ぽん | 2009年4月 6日 (月) 00時52分

ぽんさんへ
プレッシャーでしたよ!
ぽんさんに叱られて暫く寝られませんでした。
それで、ここにようやく再開する事ができました。
ほんま、持つべきものはご近所さんですね〜!

春は桜餅だけではなく、やっぱり桜ですよ!
はよ、行かな散りまっせ。

投稿: 好日 | 2009年4月 6日 (月) 22時00分

 お久しぶりですhappy01

お元気そうで何よりです。

昨日、義母がこの桜を見に行ってきました。「ほんまに綺麗やった」と言っておりました。

京都の桜、JR東海のCMの様に静かに佇めたら最高ですよねぇ。
夢のまた夢ですけど・・・。

投稿: ごうやん | 2009年4月 6日 (月) 22時08分

ごうやんさんへ
おひさしぶりです。お元気ですか?
しばしの休暇を楽しんでおられるのですか?
それとも、次に向かって走っておられるのですか?

私もなんとか戻ってこられました。
この冬いろんな事を経験しましたが、やはり自分のペースでやっていくのが一番でした。

まぁ、春爛漫。ぼちぼちやっていきます。
これからも、宜しくお願いします。

投稿: 好日 | 2009年4月 7日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/28952153

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 桜逍遥2009(醍醐寺霊宝館の枝垂桜):

« 京都 桜逍遥2009(出水の枝垂桜) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(醍醐寺) »