« 京都 桜逍遥2009(嵐電 花トンネル) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(光明院の夜桜) »

2009年4月 5日 (日)

嵯峨大念仏狂言 「花盗人」

桜の花と共に、京都の念仏狂言がはじまった。嵯峨清涼寺の嵯峨狂言からはじまり、壬生狂言、五月はじめの閻魔堂狂言、神泉苑狂言と続いて行く。
春の京都を彩る愉しみの一つ。

Rimg0058_4昼過ぎに桜満開の清涼寺に着き、まずは念仏狂言保存会の方々に楽屋見舞いがてら挨拶に向かう。

この4つの念仏狂言は各狂言講や各保存会によって継承されている。狂言を専業にしている人達が演じているのではなく、練習を積んだ一般の人々が演じている。
よって、どちらもその芸の継承に悩んでおられるが、特に後継者の事は大きな問題。
昔は講中の人達の中で技の継承を行っていたが、今は広く門戸を広げ、地元在住者の興味が有る人を集め、なんとか継承しているのが現状らしい。

そんな話をして、狂言堂の前に戻ると、客席にはもう多くの人が集まっている。

地元のお年寄りの人達もいれば、偶然桜見物の途中で立ち寄った人達、また京都の文化に興味を持って観に来られた方々等、多くの人達がうららかな春の陽の下、狂言の始まりを待っている。

Rimg0042最初の演目は「花盗人」。

あらすじは、
「金持ちの旦那がお供を連れて花見にやって来、土産にと一枝の桜をお供に折り取らせる。その枝を盗人がお供の隙を見て盗み出す。お供はそれに気付き桜を取り返そうとするが、なんとか桜を取り戻すが、今度は刀を奪われる。それを見た旦那は、自分の刀をお供に与え、取り返す様命じる。しかし間抜けなお供は旦那の刀も取られてしまう。そこで旦那はお供に縄をなわし、自ら盗人を捕まえようとする。やっと旦那が盗人を捕まえ、お供に括らせようとするが、お供は誤って旦那を括ってしまう。その間に盗人は逃げおおせ、旦那は怒ってお供を木槌をもって追いかけてまわす」
という話。

Rimg0061「泥棒を捕らえて縄をなう」という格言を狂言にしたものである。

この「花盗人」は、いずれの念仏狂言にもある演目だが、嵯峨、壬生、神泉苑では旦那だが、閻魔堂では大名となっている。しかし内容的には大差はない。

しかし「能」の「花盗人」は、「花盗人は罪に有らず」として、題名は同じだが内容は大きく異なる。

どちらが原本かわからないが、念仏狂言においても、最初桜の枝を土産とする為、折り盗らす旦那は罪にはならないが、その桜を奪い取る盗人は罪が有るとしている。

Rimg0053その辺の筋書の違いは興味ある所である。

「カンデンデン」の鉦、太鼓、笛の音によって奏でられる独特のリズムにのって、ユーモラスな仕草で無言で演じられる念仏狂言。昔の人々にとっては、これから始まる厳しい農作業の始まり前のひとときの愉しみであったろうとおもわれる。

昔の人々と同様に、狂言の持つおおらかさ、笑いにひと時の現実の憂さを忘れる時間を共有できたような気がしたのは、桜の花の取り持つ幻想だろうか?


|

« 京都 桜逍遥2009(嵐電 花トンネル) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(光明院の夜桜) »

コメント

好日さん、おはようございます。happy01

残念なことに嵯峨大念仏狂言はまだ一度も見た事がありません。despair
嵯峨面はとっても大好きなお面なのでここの狂言は前から気になっていました。coldsweats01

何とも舞台の躍動感がこちらにも伝わってきます。shine

できるだけこういった地域に根差した芸能はいつまでも継承していただきたいものです。confidentshine

投稿: 紫香楽 秀山 | 2009年4月10日 (金) 09時49分

秀山さん
こんばんは。
念仏狂言おもしろいですよ。
特にこの清涼寺で行われる嵯峨狂言はのんびりとしていて、ゆるりとした気分になります。
嵯峨狂言は4月11・12日と演じられ、その後4月21日から壬生狂言、5月1日から閻魔堂、神泉苑と続きますので、是非一度御覧ください。

嵯峨面、素朴でいいですよね。嵐山から清涼寺に続く参道にあるお店でも売ってましたよ。
このような、庶民に根付いた文化は大事にしたいですよね!

投稿: 好日 | 2009年4月10日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/29029986

この記事へのトラックバック一覧です: 嵯峨大念仏狂言 「花盗人」:

« 京都 桜逍遥2009(嵐電 花トンネル) | トップページ | 京都 桜逍遥2009(光明院の夜桜) »