« 神泉苑大念仏狂言 「紅葉狩り」 | トップページ | お久しぶりです・・・・まずはヨーロッパの話から »

2009年5月 6日 (水)

北斎と壬生狂言

念仏狂言の話題を書いていて、ふと思い出したのが去年のミネアポリス浮世絵名品展に出品されていた北斎の描いた「壬生狂言」の浮世絵。


Img_mine1 Img_mine2
(棒振り)                       (節分)
Img_mine3 Img_mine4
(花盗人)                       (桶取)

落款をみると「春朗」と書かれているから、北斎の初期の頃の作品と思われる。
時代的には18世紀の終わり頃(1780年代)。
この頃の北斎は勝川春草のもとに弟子入りし、春朗という名をもらい、浮世絵の世界にデビューしたての頃。もちろんデビューしたての新人に大判画やシリーズ物の注文がはいるわけでなく、細絵の役者絵やそのころ流行り出した黄表紙本の挿絵が中心。この「壬生狂言」は摺物(すりもの)といわれる私的な狂歌連(会)の注文で販売を目的とせずに製作されたもの。

描かれている浮世絵のなかには狂歌の作者として「宿屋飯盛」の名がある。

この浮世絵を見て思うことは、北斎の描く登場人物は実際の壬生狂言と異なり、面をつけていない様子で描かれているが、実際の壬生狂言で付けられている面の特徴をよく表した表情で描かれているということ。
「桶取」の大尽の助平そうな表情、「花盗人」のまぬけなお供の表情等見ていると、まだ若いといえどもその描き方の巧妙さはさすが北斎と思わせる。

そんな巧妙さをみていると、この浮世絵をえがくために、寛永の初め頃北斎が京都に来て、壬生狂言を観ていたのではないかと思えて来る。
特に「桶取」の美女の指が欠けていたり、「棒振り」の演者の覆面の被り方がそっくりだったりする細部の正確さはそのような思いを更にかきたてる。

真実はわからないが、北斎が壬生狂言を楽しんで見ている様子を想像すると、なかなか愉しいじゃないですか?

|

« 神泉苑大念仏狂言 「紅葉狩り」 | トップページ | お久しぶりです・・・・まずはヨーロッパの話から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/29467012

この記事へのトラックバック一覧です: 北斎と壬生狂言:

« 神泉苑大念仏狂言 「紅葉狩り」 | トップページ | お久しぶりです・・・・まずはヨーロッパの話から »