« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(運河巡り) | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(ゴッホ美術館 ) »

2009年11月19日 (木)

アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(ちょっと、買食い)

旅行に出ていてちょっと小腹がすいたとき何を食べるかというのは難しい問題。

レストランやカフェにはいって時間を使うのも、次に行く所の事を考えればもったいない気がするし。
そういって、世界中どこにでもあるマクドやスタバには行く気がしないし。

だから、街中を歩いている間も何か適当な食べ物はないかキョロキョロしている。
特に人が並んでいるような店は、必ず覗くようにしている。

そんな中でアムステルダムで見つけたものは

Th_rimg0095_2

まずは「ハーリング」。鰊の塩漬け。
これは美術館広場の横にある屋台で見つけた。

ハーリングとは鰊の頭と内蔵と皮を取ったものを2枚におろして酢に漬けたもの。
そのまま食べる。ちょっと刺身みたいだが、醤油と土生姜が無い分生臭さが残る。
人によってはダメな人もありそう。

しかし、日本の鰊よりも小振りだな。
タマネギのみじん切りとピクルスはなかなかよくあう。
見ていると、一人で3〜4匹食べてるみたいだけど、今回は1匹で充分。
やっぱり、刺身でなくては!

Th_rimg0097

つぎは「キベリング」。タラのフリッター。
魚のフライといっても、日本で言う「唐揚げ」。
これを好みでサンドウィッチにしてくれる。まぁ、フッシュバーガーですね。
でも、タラが新鮮なせいかあっさりと食べられる。
それにタルタルソースがなかなか上品な酸っぱさでおいしい。
これは満足!

Th_pa020104

これは「クロケット」。(コロッケとは発音しないみたいですね。)

中央駅前のKIOSKにある自動販売機で買いました。

自動販売機で買ったのに、一口食べるとアツアツでした。
そして何故かカレー味。
まぁ、普通のおいしさ。でもトラムを待っている間に食べられるので、便利です。
見ていると、オランダの人も案外買って食べている。

こんなのを食べながらブラブラとアムステルダムの街を歩いていました。

|

« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(運河巡り) | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(ゴッホ美術館 ) »

コメント

こういう屋台の食べ物っておいしいですよね~。わたしも大好きです。ドイツならブルストにグリューヴァイン、ベルギーならフリットにワッフル。
アムステルダムのはまったく知らなかったのでおもしろいです。
キベリングがおいしそう・・・。

投稿: はたこ | 2009年11月24日 (火) 23時36分

はたこさんへ
屋台の食べ物って好きなんです。高級なレストランや有名店での食事は何となく雰囲気に飲まれたり、風説に惑わせれたりして、自分自身がほんとうに「おいしい!」と思っているのか疑問に感じる時があります。
その点、屋台や街角で興味本位で食べるものは、おいしいものはおいしいと、合わないものは合わないと、素直に楽しめます。
身近な日本だけでなく、海外でも好奇心のみでつまんでます。

ふっふっ、「キベリング」おいしかったですよ!

投稿: 好日 | 2009年11月26日 (木) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/32277651

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(ちょっと、買食い):

« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(運河巡り) | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(ゴッホ美術館 ) »