« 北斎と壬生狂言 | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(最初から躓き) »

2009年11月10日 (火)

お久しぶりです・・・・まずはヨーロッパの話から

5月から長い間休んでいましたが、再開します。

その間、何をしていたかというと、6月・7月・8月は炎天下相も変わらず祇園祭に走り回っていて、9月は個人的な用のためバタバタして、そして10月にはオランダ、ベルギー、パリを巡っていました。
(もちろん、仕事もがんばっていましたよ!)

それじゃ、早速ヨーロッパの話を。

Th_rimg0002

出発の前日遅くまで仕事をしていたので、いつもの事ながら、私の旅行の準備というのは、前夜遅くに目についたものをポイポイとトランクに掘込んでいく程度。

かわりに、嫁さんがその能力をいかんなく発揮する。
彼女の持物リストの作成技術とパッキングの技術は天才的である。リストに従い、雑多な二人分の荷物を小袋に振り分け、均等に2つのトランクに詰めていく。
最後に量って見ると、2つのトランクはその重さが1キログラムと違わない。

その間、こちらはipodにインターネットからいろんな情報をdownloadしていく。
お互い得意な分野で分業、分業。
こうやってバタバタと朝方近くまで準備をして、迎えのシャトルタクシーに乗って関空へ。

今回の飛行機はKLM。

直接アムステルダムへ向かう。後は14時間我慢するのみ。

Th_rimg0018_2 Th_rimg0020_2

Th_pa010059 Th_rimg0025_2

関空からのヨーロッパへのフライトはずーっと昼間の間を飛んでいく。

ブラインドの隙間から漏れる光に薄ぼんやりとした機内で、機内食を食べたり、ワインを飲んだり(KLMはチリワインでした。)、本を読んだり、うとうとしたり、体操したりして緩慢な時間をすごしていく。こうしてOnからOffへの気持ちの切り替えと旅行に対する期待感を高めていく。

今回、オランダへ行くのは、ゴッホの絵を見るため。それも大量に!
日常の生活にドップリと漬かっていると、無性に生活とかけ離れた世界で好きな絵や風景に囲まれてみたいという欲望がおこる。

日本の美術館やお寺なんかではなかなかすっぱりと日常からは離れられない。

その引金を引いたのが、今回は一枚のゴッホの絵。ふと貰ったクリアファイルに印刷されてあったゴッホの「夜のカフェテラス」の絵。今までは光に照らされた黄色の部分に惹かれていたのだが、その暗闇に続く藍色の世界に魅せられてしまった。

この絵が今回の旅行の小さなきっかけ。

ちょうど退屈で、腰がミシミシ言い出した頃、眼下にオランダの風景が見えてきた。
レンガの赤い色と白い壁に囲まれた、おとぎの国のような家並み。緑の農地、遠くに回る風車(といっても今は、風力発電の白い風車)。

やがて、飛行機はグーンと高度を落とし、地上にもどってきた。
ふ〜っ、やっとスキポール空港に着いた。
しかし、長いなあ〜っ!

Th_rimg0030

|

« 北斎と壬生狂言 | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(最初から躓き) »

コメント

好日さん,お帰りなさいませ~。
こんな楽しいことしておられたのですね(笑)。
充実のご旅行だったことでしょう。
ベルギーのお話は特に楽しみにしております。

投稿: はたこ | 2009年11月10日 (火) 23時55分

はたこさんへ

おひさしぶりです。(といってもはたこさんのブログは読ませていただいてましたが・・・)
おばあさんのこと、お悔やみ申し上げます。

また、復帰いたしますのでよろしくおねがいします。
じつは、ベルギーですけど、後で書きますがズーッと雨でふて寝してました。ご期待に添えないかもしれませんが、よろしく。

投稿: 好日 | 2009年11月13日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/32152600

この記事へのトラックバック一覧です: お久しぶりです・・・・まずはヨーロッパの話から:

« 北斎と壬生狂言 | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(最初から躓き) »