« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(デンハーグへ) | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月31日 (木)

2009年 今年の美術展ベスト5

昨日まで仕事でバタバタしていたとおもっていたら、もう大晦日。今年もあと数時間になりました。

毎年のことながら、今年の(個人的)美術展ベスト5を発表して、締めくくりたいと思います。

Img_20095第5位 「へんてこ大襲来 冒険と奇想の漫画家・杉浦茂101年祭 展」 
京都マンガミュージアム

私の年代から言うと、杉浦茂のマンガというと一世代前のマンガになるが、貸本屋なんか行くとまだまだあり、あのシュールな世界は子供心に不思議な世界だった。

その奇想天外な世界が突然戻ってきた。

まず「101年祭」というのが人をくっている。入り口にはあの奇妙な登場人物の人形が待ち構えている。こんな調子でどこまでも楽しい美術展というよりもイベントだった。

ある意味日本の美術展の在り方を考えさせる企画。

Img_20094第4位 「皇室の名宝展 第1期」
東京国立博物館

この展覧会を見に行ったのは、岩佐又兵衛の「小栗判官絵巻」が出展されていたから。
岩佐又兵衛の絵をある時期追いかけていたが、この絵巻はなかなか見る機会が無かった。
今回出展されると知って、日帰りで見に行ったわけだが、人と人との間から眺めた絵巻は今まで見てきた又兵衛の絵とはちょっと異なった感じがした。

それでも見られたことに大満足!

しかし、東京の美術展は混みますね!。見る前に疲れてしまう。
そして、これでもか、これでもかと並べる企画力にはちょっとついて行けないなぁ。

Img_20093_2第3位 「杉本博司 歴史の歴史」
国立国際美術館

杉本博司という作家(コーディネータかな?)の感性は私の好みと合う。そのような意味では、全く個人的な感性で選んだ3位。

この美術展の展示されている一点々を見て行けばそれ自体はもっとすごいものがあるかもしれないが、この展示室の同じ空間に、同じ時に並べられている事自体が、見る私にとっては新鮮な驚きであり、気持ちの良い同体感を感じさせる。

古美術とモノトーンの写真の育むコラボレーションの世界がこれほど落ち着く世界であったのかと改めて認識させられた。

Img_20091第2位 「若冲ワンダーランド」
MIHO美術館

新たに見つかった「象と鯨図屏風」は若冲らしい雰囲気があり、見ごたえがあった。それよりも興味深かったのは、今までオタクと思われていた若冲が、実際は家業や同業の仕事に精をだしていたという資料が新たに見つかったという事。こういう事実を知ると、あの水墨画にみられる洒脱な雰囲気がなんとなく理解できる感じがする。

2000年に京博で開催された「若冲展」以降、若冲に関する書物や展覧会は多くなっているが、今後も色々な発見がされ研究が進んていくでしょう。(実際、京都の旧家なんかに行くと若冲らしき軸に会う事がある。)この9年間の区切りとなるような質とボリューム(開期は細かく分かれていたが)のあった展覧会でした。

Img_20092第1位 「西国三十三所」
奈良国立博物館

冗談じゃないですが、この歳になってくるとこのような展覧会、単に美術的な見地からだけではなく、なんか観音さんにお参りしているような気持ちで見てしまうようになるんですよ。
この展覧会でも展示されている観音さんを拝んでいる人達を多く見たが、その気持わかるなぁ・・・。
そのような意味で私にとって「up to date」な展覧会。

今年の奈良博、質の高い展覧会が続いた。春の「鑑真展」では唐招提寺のあまり見られない天平仏が並んでいたし、「寧波展」は展示の視点がはっきりとしており見ていて気付かされることが多くあった。
来年は「吉備大臣入唐絵巻」が やっと戻ってきそうだし。
そのような期待も含めての今年の第1位!

今年も気まぐれな拙ブログにお付き合いくださってありがとうございました。
来年が皆様にとって良い年でありますように。

|

« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(デンハーグへ) | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/32811957

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 今年の美術展ベスト5:

« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(デンハーグへ) | トップページ | 謹賀新年 »