« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(こんなん見つけた) | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(クローラー・ミュラー美術館への道) »

2009年12月 3日 (木)

アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(スーパーへ)

だいたい海外へ旅行に行く時は、一つの都市に3〜5日くらいは滞在する。

泊まるところも、近代的な大きなホテルは避けて、こじんまりとしたホテルを探してる。
当然、部屋に冷蔵庫みたいなものはなく、飲物や夜にちょっと食べたりするものは自前調達となる。

だから、これは嫁さんの趣味見たいなものでもあるのだが、ホテルに着くと必ず近くのスーパの場所を尋ねる。
それも、大型のスーパではなく、普通のスーパをねらって行く。

アムステルダムではホテルの近くには残念ながら無かったが、街をブラブラして見つけたのがこのスーパ。

Th_rimg0141

アムステルダムでは有名なチェーン店らしいが、大きさは日本の大型スーパなんかと比べると大分小さい。

だいたい全部の棚をブラブラと散策して行くが、物価は日本円に換算すると日本のスーパの1.5倍程。

ただし乳製品は総体的に日本よりも安く、野菜や果物は物によっては日本よりも安い感じ。
肉は同じくらい。

Th_rimg0142ありましたね「ジャガイモ」。

さすがに袋単位で売ってますよ。それも5㎏。

ドカッと置いてあるところが主食的な感じがしますね。
われわれのお米みたいな感覚でしょうか?

この間の料理が理解できます。

日本ではポテトサラダにマヨネーズを混ぜたりしますが、オランダでは(食べた限りですが)ジャガイモそのものを食べます。こちらで食べたらそれで十分おいしいです。

Th_rimg0143アムステルダムだけでなくヨーロッパのスーパの棚は乱雑な感じがします。

日本のように綺麗に並んでいることはまれで、お客さんも手にとって戻すときなんかも案外ぞんざいに戻します。
店員さんもよほどでない限り(通路に落ちたとか・・)綺麗に戻し直したり、並べ直したりはしないみたいです。

そして値段表示はだいたいキロ単位で書いてあります。

しかしキロ単位でないと買えないかというと、そうではありません。

Th_rimg0054_2このようなバラでおかれている商品の横には、このような秤みたいなものが置かれていて、そこへほしい分だけ持って行けば良いのです。

そこで、その商品の番号(値段表示のところにその番号が書いてありますし、また秤にも写真がはってあります。)を押して、秤に乗せると横からその分の値段を示したシールが印刷されてきて、備え付けのビニール袋に商品を入れてそのシールを貼ってレジへ行けば良いようになってます。

だからトマト1個からでも買うことができます。
ちょっと野菜や果物を食べたいときなど便利です。

かえって市場なんかへ行くと、りんご1個なんかの買い物はしにくい見たいです。

Th_rimg0145おもしろい物も売ってました。

「刺身(SASHIMI)」です。

サーモンのさしみですが真空パックで売ってます。

在蘭の日本の方が買うんでしょうか?
でもやっぱり刺身は、日本で売っているように、舟にはいっているものでなければ美味しくないような気がするのですが?

こんな風に買物をして、レジに並びます。

レジの前にはベルトコンベアーみたいなものがあって、カゴの中のものをすべてこの上に並べます。
前後の人の商品と区別するため、小さな仕切りを間に自分ではさみます。

そして、支払いです。日本のように870円の買物に1070円をだして200円お釣りをもらおうとするのは時間がかかります。あっさりと1000円出してお釣りをもらおうとする方が早いです。

しかし、ユーロのコインは見分けにくいなぁ!

こうして、日本から持参のエコバックに詰めてホテルへ戻ります。
本日の買物は、オレンジジュース2本、ミネラルウォーター半ダース、ヨーグルト半ダース、お菓子いろいろ、それから歯磨き粉(各国の歯磨き粉集めるのは私の趣味です。国によっていろんな味があるのです。)


|

« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(こんなん見つけた) | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(クローラー・ミュラー美術館への道) »

コメント

わたしも外国へ行くと必ずスーパーマーケットに行きます。お国柄が出ていて楽しいですよね。
ベルトコンベア方式は一時期カルフールでそのままやっていましたが、日本では不評のようで、いつの間にかなくなりましたね。
日本のサービスは過剰すぎる、と常々思っているのですが・・・。

投稿: はたこ | 2009年12月15日 (火) 17時32分

はたこさんへ
はたこさんも行かれますか!面白いですよね外国のスーパ。
ブランド店なんかに行くより、よっぽど楽しめます。
生活雑貨なんかも何に使うのかわからないようなものもあったりしてね!

おっしゃるように日本のスーパはサービス過剰な部分(例えば読み上げてレジを打つなんか・・)がありますが、海外なんか行くと、そのサービスを期待している自分が見えたりして、反省させられる部分もあります。

投稿: 好日 | 2009年12月16日 (水) 23時28分

パックツアーは行ったことないので、私も海外へ行ったら必ずスーパーと市場には寄ります。普通に食べてはるものが面白い。
アメリカのデリカは、どれも大味やったなぁ。

犬を飼うようになってから、長いこと海外へ行ってないので、うらやましいてため息が出ます。

投稿: ぽん | 2009年12月18日 (金) 17時00分

ぼんさんへ
海外に行ったしても、急にセレブにはなれませんし、いつもと同じ生活レベルになってしまいます。
だから、行くスーパも三条の西友やフレスコみたいなところです。

我が家も長い間「ため息の生活」でしたが、子供に手がかからなくなって、やっとこの頃「羽を伸ばせる」時代に突入しました。
長かったですよ!

投稿: 好日 | 2009年12月18日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95018/32613343

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(スーパーへ):

« アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(こんなん見つけた) | トップページ | アムステルダム、ベルギーそしてパリへ(クローラー・ミュラー美術館への道) »